09.09.21-22 柳の下にサバは二度いなかった!

e0183673_14283779.jpg
22日早暁の空に虹がかかった。20日にキノコ狩りから帰った翌日、マリーナに向かうはずの時間がぐずぐずと遅れていた。少し残った疲れが体をだるくしている。23日に横浜市民ハーバーのレースでオフィシャル艇を務めるPink Chomolungmaの雄姿を写そうとマリーナに持ち込むカメラレンズの選択に迷う。S根、nao、S澤各氏の乗るピンチョモは保田の帰路を競うレースのゴール艇として蛸根辺りに出張るらしい。
あれこれ準備にも集中できないでいるうちにI崎船長から電話が入った。思わず何か自分が約束でもしていたのだろうかと考え込んでしまったが、聞けば久々にA木氏も来ているので早く来ないかとのお誘いのようだった。マリーナに着くとここ暫く体調を崩していたF谷船長もいてコーヒーをご馳走になる。F谷船長はだいぶ回復したとのことでひとまず安心した。明日は仕事だといってA木氏と前後して帰って行った。連休だというのにマリーナはなんとなく閑散としている。友達が帰ってしまった後の公園に残っているようでちょっぴり寂しい感じだ。こんなこともあろうかとここにくる途中で二人分くらいの飲み食いは仕入れてきているので、I崎船長と二人、18時頃からイッパイ始める。20時頃さっき連絡をよこしたS飼船長が到着し、暫く三人で話し込んでいると先々週のサバよもう一度ということになった。
e0183673_4113665.jpg

翌朝4時には目を覚まし熱いコーヒーでテンションを上げてI崎船長を乗せて出向だ。S飼船長も手ぬぐい鉢巻で気合が感じtられる!?朝方降った雨がほんの少し残る空模様だがまずまずだ。S飼船長からの無線で振り向くと追浜から磯子にきれいな虹の架け橋がかかっている。
e0183673_4133728.jpgI崎船長と清清しい早朝の海を楽しみながらひたすら潜行版を曳く。最初は楽観していたがどうも前回とは違うようだ。蛸根周りから猿島手前まで曳くが気配もない。前回同様8時頃沖上がりする。釣果なく2隻ともオデコ。まぁ、この虹のかかる海を楽しめたのだからよしとするか。
e0183673_4154037.jpg昼近く来客のため急遽帰宅しなければならなくなり、明日のピンチョモ写せないなぁと思いながら帰り支度をしているとお隣の釣人K野船長艇が戻ってきた。蛸根、底立ち15mでサバ好調だったそうだ!!ゴマ混じりだが丸々とした真サバで生簀がイッパイ。こういうことも時にはあって楽しいのが魚釣りだ。K野船長の沖上がりのほんの一足前に帰宅してこの生簀を覗かずに済んだS飼船長は幸せだなぁと思うとなんだか可笑しさがこみ上げてきた。(笑)
[PR]

by 50SanKai-club | 2009-09-23 15:28 | 海遊び  

<< 09.10.3 名月や 嗚呼、... 09.09.19-20 恒例 ... >>