10.01.23-24 修業@岩鞍&宮川からの客人

e0183673_0312977.jpg
先週の初滑りに引き続き、今週もW.W.尾瀬・岩鞍にやってきた。ただし今週は稲城から久方ぶりのフェルナンド・T岡さん達、達人I泉さんと今日がTele初のMrs.Tu岡さんが一緒だ。naoさんはじめT岡さん達は西山ゲレンデの裏山がメインなので本当はゴンドラが最適なのだが、Tele修業のMrs.Tu岡さんと私に付き合って、1本目のクワッドで上がってくれた。今日はそこで次のリフトに乗る皆さんと別れてTu岡さんの修業が始まった。自分も修業中だしなかなか納得いく滑りができている訳ではないのだが、せっかく初めてというので石木田先生の楽チンテレマークを志してもらいたいと思っている。
私たちがTeleに興味を持って始めたころはまだまだ何の情報もなく、毎週金を払って転びに出掛けているような有様だった。1,2年経ってやっと北田啓郎氏のテレスキー本を手にし、同じころTAJなるものがあるというので入会してあちこちでレッスンを受けられるようになったと記憶している。しかし、現在はわからないが、当時はどこのどんなレッスンにいってもアルペン滑りの基礎のようなことをさせられその度に違和感が募った。一例をあげれば伸身、屈伸による抜重、加重などである。今想えばどれも一つの方法なのだろうが、せっかく40過ぎて始めたスキー、しかもテレマークなのに何故アルペンをやらなきゃいかんのかなぁ、なのである。そうして何年か過ぎ、どうにか行きたい方向に進んだり止まったりできるようになったころ栂池の石木田先生の噂を聞いてレッスンに出かけたのだ。この先生、テレマークは歩くのだとおっしゃる。滑ってるスキーの上を歩くのだというのだ!? 抜重加重でもなくジャンプでもなく、「スキーは滑るもので横ズラシして止めるものではない。せっかくかかとがフリーなのだから歩くようにスキーを滑らせればいい。」とまぁそのような趣旨なのである。うん、これは面白い!と授業だの講習だのの嫌いな自分としては珍しく何度か熱心に通ったものだ。今先生は遠く八幡平の方に移られなかなか行く機会はないが、この新人さんにはそういうものを目指してもらいたいと思っているのだ。そこでMrs.Tu岡さんにもわかりやすく簡単な動作を組み合わせてやってもらうことにした。が、普段使わない筋肉やら生活にはない動きというのは疲れるものだ。第一転んで起き上がる度に体力をを消耗し疲労困憊する。それでも随分頑張って何かつかみかけたところで今日は終了。一足先に車で休んでもらうことにして、naoさんと私は昼食を終えて再度裏山に出撃して行ったフェルナンドさん達とI泉さんを待ちながらゲレンデで修業を重ね、彼らの帰りを待った。午後4時近く無事全員車に戻り岩鞍を後にした。I泉さんは結婚、出産とおめでたい事が続きしばらくスキーから遠ざかっていたとのこと。今日は思い切り楽しめたようで、表情にもすがすがしさが感じられ印象的だった。

帰り道、メールをチェックするとベイサイドマリーナから宮川フィッシャリーナに移ったO田船長から「今そちらに向かって横須賀沖を航行中。」とのこと。帰宅してすぐさまばたばたと横浜に向かう。
e0183673_137177.jpg横浜ベイサイドマリーナに着いて早速S飼船長を訪ねるとすでに宴会は終了しO田船長と二人で待っていてくれた様子である。とりあえず持参のビールでカンパ~イ!O田船長が宮川に移ったのが去年の夏。まだ1年と経っていないがなんだか懐かしい。夜も更けているのに暗いポンツーンを行ったり来たりしてO田船長自作のドジャーを見に行ったり、私のアウトリガーを見せたり遅くまでうろうろしてから船に戻る。何やらデッキの上がいつもと違うので目を凝らすと、なんとトッピングワイヤーがブチ切れて垂れ下がっているではないか!e0183673_1423277.jpgマストトップの折り返しから切れているのでマスト側、ブーム側両方にワイヤーとシートがトッ散らかっている。そういえばこの船に乗り換えたときに交換した方がいいと指摘されていたのだが、まだ大丈夫だろうと高をくくっていたのがまずかった。またひとつ作業が増えてしまった。翌日曜日、O田、I崎とやはり夕べ遅く来たというF谷船長も一緒にS飼艇で朝食をとり、O田船長はほどなく宮川に帰って行った。今日もいい天気だ。よ~く遊んだ週末は気分がいい!
[PR]

by 50sankai-club | 2010-01-25 02:02 | 山遊び  

<< 10.01.30-31 自転車... 10.01.09‐11  シー... >>