2011.06.04-05 風強し

e0183673_1049441.jpg

5月下旬から梅雨?変な年になってしまった。だんだん春と秋が潰れてきているようだ。台風と梅雨前線のおかげで雨模様が続いたがやっと太陽のある週末になった。e0183673_105181.jpg三浦半島には強風波浪、横浜にも強風が出ていたが案外吹いていない。ちょうど桟橋ゲートのところで昨晩ご機嫌で電話をよこしたT田船長と行き合う。これからシャワーだそうだ。S飼船長は今しがた出港したという。予報からして昼のナギまではイケそうだろうと私も追いかけて船を出した。無線はいつもの周波数で頼むとT田船長に託けたらしいが応答がない。無線機の故障のようだった。それにしてもサッと掃いたような雲が美しい模様を描き空が高くて気持ちいい。西の風で4,5ノットで走らせてくれる。e0183673_10532665.jpg観音崎方向に向けてセイリングを楽しむ。八景沖ではディンギーがたくさん出てレースなのか、時折ホーンの音がしている。行き交うヨットも気持ちよさそうだ。さっき横須賀沖と言っていたS飼船長艇が折り返してきたようだ。近づいて勇姿をパチリ。風も凪いで来たようなのでそのまま戻ることにした。ポンツーンに着けるとさっき会ったT田船長も出港したらしく船がない。W井船長を見かけたので聞くと出たのは30分程前だそうだ。片付け終わる頃T田艇も戻り、二人でワカメを採りに行く。メカブのうまそうなワカメが両手に余るほどとれた。案の定その頃には南西から西寄りの風が吹きわたり、マリーナ旗も出港注意に変わっていた。e0183673_1056918.jpg同じ並びのポンツーンから強風の中、おじちゃん、おばちゃんの4人で出港してゆく船がある。ポンツーンには彼らの折りたたみテーブルセットが残されたままだ。きっとすぐに帰って来るつもりなのだろうとその時は気にも留めなかった。
夕方買出しに行く時点で今夜は4人。先日同様、火を使わないメニューにこだわってみた。例によってT田船長が手際よく巧みな包丁さばきで食材をこしらえてゆく。日もだんだん傾き風はますます吹き荒れてきた。宴会準備も出来上がり、そろそろキャビンに入ろうかと思っていると、Vanに曳かれてヨットが入って来た。強風で操船不能になったのかエンジントラブルなのか定かではないが、港の外がどうなっているかは想像がついた。そういえばと昼過ぎに出て行ったヨットのポンツーンを見るとまだ帰港していない。出しっぱなしのテーブルの上の食べ物を狙ってカラスが来ている。大丈夫だろうか?e0183673_10572993.jpg人ごとながら心配になる。マリーナに連絡した方がいいかも知れないという意見もあって電話することにした。しばらくすると若いスタッフが出しっぱなしのテーブルを片付けにやって来たので安否を尋ねると無事帰港していたとのこと。ただし、別のポンツーンに着けて「テーブルセットがなくなってる!」と連絡があったそうだ。強風下で慌てて戻ったのか単なる勘違いなのかは知る由もないが珍しいことではある。翌朝早く、その船の方が一人静かに1本先のポンツーンから船を戻していた。
[PR]

by 50SanKai-club | 2011-06-08 06:55 | 海遊び  

<< 2011.06.18-19 今... 2011.05.21 掛け持ち >>