2011.07.23-24 くらげ

e0183673_16281894.jpg

夏だというのに肌寒い朝だった。早めに家を出る。実はこの日2時半に目を覚まし、Hot Coffeeを点ててごそごそとやっていた。いっそもう一度寝なおそうかとも考えたのだが、そうこうしているうちにもう5時半。外は明るい。いつものように土鳩が夏の朝を告げいている。予報はチェックしていないが風もないので早く行って船を出そうかと思ったりしたのだ。私の早起きは昔からだ。眠っていられるのは5時間。どうも眠り続ける体力に欠けているようだ。若いころ、一度心配になって医者に相談したことがあるが、人それぞれで心配ないそうだ。山遊びや海遊びには誠に都合がよい欠陥なのだが、週日は午前中に一度睡魔に襲われるので辛い。e0183673_16293130.jpgそんな時は早めの昼食後、森羅万象に思いをはせながらじっと瞑目させていただくことにしている。それはともかくマリーナには早く着いたものの都内と違って北寄りの風がビュービュー吹いている。8m以上はありそうだ。思惑は外れたが仕方ない。やろうかと思っていた宿題のような作業もどうやら今取り掛からなくてもよいようなので早々と片付け、キャビンにもぐり込んでひと眠りすることにした。
昼食を一緒にと言っていたS飼船長に起こされ、自家製の辛み大根でおろし納豆そばをご馳走になる。この大根が素晴らしい!e0183673_16335017.jpgご本人は普通(青首)の種をまいたとおっしゃっているが、出来上がりは立派な辛み大根。大根の辛さは生育条件に負うところが大きいというから、その辺の妙なのかもしれない。厳しければ辛く、恵まれれば甘くなる。人間と同じなのだ。子供の時分は大根は辛いものだと思っていたが、いつの頃からか見かけなくなり、今では絶滅したのではと思えるほどなのだが、S飼船長の大根は本当に辛くてうまい。私はどうも水っぽいだけの大根は好きになれない。特に焼き魚のときなどはいただけない。やっぱり平たいものでバシッと舌を叩かれたような痛い大根の辛さが好ましい。先々週だったか、あまり絶賛したので今日はお土産分まで持ってきてくださったのだ。ありがたいことです。
e0183673_16343544.jpgところで今日の港内の海水は綺麗で温かいが、すごい数のクラゲが大挙して押し寄せている。強風に自由もままならないのか、風下に吹きだまっている。よーく見ると半透明の水クラゲが上に下に大量に浮遊し、海面に映る空の模様と合い間って不思議な美しさだ。写真にすると微妙な奥行きと透明感は分かり難いが、一枚パチリ。人間暇だといろいろと気付くものだと自笑する。
陽が傾いても相変わらず吹きやまない強風下、後から来られたW井、M口船長を交えて持ち寄りの宴会となった。これだけ毎週のように宴会をやっているのだから、もはや宴会の達人なのではないだろうか?しかし、だからなんだと言われると返す言葉に困るのだが・・・。とにかく持ち寄りとは言えメインディッシュまで到達できずにお開きとなったのは9時過ぎころだった。
e0183673_16352141.jpg翌朝3時少し前におめ目パッチリとなる。FM横浜のJAZZ Chronicleの時間だ。夜通しの強風もいつしか止み、あと1時間少々で夜明け。Coffeeをすすりながらキャビンから空を見上げる。今日の一曲目はHarry AllenのI’m not in loveだ。Art Pepper、Body and soul、Sergio Mendes、Waveなんていうのも懐かしい。いろいろな記憶や思い出がよみがえる。そういえば7月24日は「河童忌」。今から84年前の今日、今頃、「唯ぼんやりとした不安」という言葉を残して芥川龍之介が自殺したんだ。ハッと思う。今は日本中がそんな気分だなぁと思う。
愚図愚図居座っていた台風の去った美しい夜明けを眺めていると、今次の国難とその後この国を覆い尽くしている不安から、一人でも多くの人々が、一日でも早く立ち直って元気を取り戻してもらいたいと心から願わずにはいられなかった。


追記;辛み大根は種類も豊富にあることが分かりました。(一安心!)
    
[PR]

by 50sankai-club | 2011-07-24 16:35 | 海遊び  

<< 2011.07.30-31 あ... 2011.07.16 涼を求め... >>