2013.07.20-21 夏の夜話

e0183673_4561960.jpg

大忙しだった土曜日、マリーナに着いてT田船長のお陰で懸案の作業も片付き、昼メシまでご馳走になってのんびりしていると、旅行帰りのO田船長がやって来た。遠く北海道の友人を訪ねての帰りだと言う。S飼、T田両船長と私で迎え、夕刻から飲み始める。
e0183673_4582948.jpgT田船長はつい先日、O田船長の船で一緒に三宅まで行ってきたばかりだ。T田船長がO田船長の係留地、三浦半島の先っちょまで陸路で行き、O田船長と合流してから船を出したらしい。聞くと午前1時頃まで飲んでいて出発が未明というからさぞきつかったことだろうと思う。しかも当日の予報では外は3mからのうねり。私も人ごとながら気にはかけていたのだった。とにかく二人は船を出し沖に向かうが、ご両人の弁ではジェットコースター並みのうねりでコマセを撒き散らしてのセイリングだったらしい。この間の様子は実況でメールが届いてはいたが、私はうねりのきつさの形容だろうくらいにしか思っておらず、e0183673_5291541.jpgまさか本当にJames Brownの“Sex Machine “、つまり“Get up, get on up”(ゲロッ、ゲロッパ!)だったとは知らなかった。深酒、寝不足とは言え、このOld Salt二人がJames・Brownしてしまうくらいなのだから相当揺れたのだろう。
苦節12時間?、島に到着した直後と思われるショットをよく見ると心なしかT田船長のお目メがうるるん状態(T_T)/~~~に見えて来るのは私だけであろうか!?(汗) 
他にも三宅での様子を伝える数枚のスナップも見せてもらった。やはりかの島まで行くと海の色が違う。のんびりとした漁港、吹きわたる風。小高い丘で世界平和を祈念する?O田船長。三宅まで行けば港もさぞ空いていたのだろうと聞くと大型プレジャーボートが数艇来ていたらしい。e0183673_5303860.jpgまた、決まってそういう船の中には横柄、ノイジー、無神経な連中まで積み込んで来ている場合が多い。やたらイキガッタ若い衆を従えて騒音と不愉快さを撒き散らすことでしか自らの存在感を感じられないような連中だ。エンジンはかけっぱなし、ダサーイ音楽を大音量で流し、これもまたお約束のように花火をおっぱじめる。いやはや即物的で度し難い。まぁ、それぞれの夏だからそういう連中と出遭ったらそういうものだと思って諦めるしかないのだろうが・・・。
帰路は、確か天候も思わしくなく、新島に寄ってからの帰港だったとのことだ。O田船長曰く、往路は途中大島にでも1泊してから行くのだろうと思っていたが、e0183673_5321726.jpg(T田船長が)直行だと言うので驚いたそうだ。しかし、もし寄っていたら(海況、天候の具合で)三宅までは行きつけなかっただろうから直行で正解だったとのこと。
休みと海況の折り合いの良し悪しは、特に仕事を持っている現役世代セイラーにとっては永遠の課題なのであろうが、今回の二人もよくあの予報で船を出したものだと感心する。
とにもかくにも二人の無事を喜びながら美味い酒を飲めてよかった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-07-27 05:33 | 海遊び  

<< 2013.07.27-28 な... 2013.07.06-07 吹... >>