<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2011.08.13 盛夏を告げるもやい祭

e0183673_434267.jpg

夜は熱帯夜、朝は陽の昇る前から蒸むしとする日が続いている。先週、宮川でM田船長艇に乗せていただいた時の爽快な余韻が残っているのか、船を出したくてマリーナに向かった。それに今日は長津呂に来られなかったW井船長も顔を出すと言ってよこしているし、マリーナの夏祭りでもあるので、セイリングの後は来た連中で楽しめばいい。船に着いて荷物を整理しているとS飼船長が来られた。e0183673_512059.jpg友人が来るというので一足先に出ることにする。エンジンオイルとギアオイルを交換してから最初のセイリングなので、もう一度オイルの量などを確かめた方がいいと言われ点検する。風は南南東だろうか、あまり吹いてはいない。ワタクシのBlueWaterはラダーの前にスケグが付いているため、シャフトが左舷側に出ている。つまり推力がまっすぐ働かないのだ。前進の時は右に行こうとする。しかし、これはまだ気にならないのだが、後進をかけた途端に右後方にトモが回り始める。これには閉口している。ポンツーから出るためには一旦トモを左に回してから右に前進して行かねばならないのだがなかなかそうはさせてくれない。あれこれ試してはいるものの、残念ながら未だ狭いポンツーンから色いろな風向きの中、常に上手く船を出せる技量に至っていない。友人を迎えて忙しそうなS飼船長の手を煩わせて回頭をお願いする。フェンダーも上げて表に出ようとマリーナ出口に向かっていると、こちらがスタボーにもかかわらず左から人の鼻先を速度を上げかすめて行くボートがいた。確かにこれから出ようというとき、やっと着いたと思ったときに、前に足の遅い船がいればイラっとするかもしれない。しかし、そこをぐっと我慢するのが業務上の要請であり、笑顔で堪えられれば理性というもの。ワタクシがボートに乗っていた時には相手がどんなに遅い船でもそういうことはしなかった。まったく人の迷惑を顧みない馬鹿ヤローどもが増えたものだ。出入り口付近でのマナーの低下は甚だしく、特にボート乗りの意識の低さに至っては、こいつ免許持ってんのかと疑いたくなるような連中が多い。挙句の果てにはボート免許の教習艇までそういうのが混じっているから始末に悪い。などなど、ぶつくさと文句を噛み締めながらセイルアップのできるところまで機走する。e0183673_5144866.jpg風は思ったより弱くしかも真南に近い。エンジンカットすると対地速度2ノット程度。潮止まりだと思ったが逆潮かもしれない。観音崎方向を目指す。少しでも風をと思い本船航路近くまで出ていくが、今日は大差ないようだ。時間と共に退屈さが募り、迷った挙句にアウトリガーでヒコーキを曳くことにした。別に魚を狙うつもりではなく、いわば洋上訓練だ。それにしても足が遅い。左右のヒコーキ達のあまりに気まぐれな泳ぎ方に仕方なく機帆走にする。周りのヨットも波間を漂っているように見える。横須賀港手前あたりまでですっかり退屈し切り、くるっと舳先を回してマリーナに戻った。帰路は上げ潮に乗ったか、速いという感覚はないのだが、それでも4ノット前後で走ってくれた。ポンツーに入ろうとするとちょうどそこから隣のT田艇が出て行った。気が付かない様子のT田艇を見送りながらポンツーンに入るとW井船長が手を振りながらもやいをとってくれた。船を付けるとどっと疲労感!?e0183673_520091.jpgなんじゃこりゃ?そういえば乗っている間水分もとらなかった。熱中症になるのは何も後期高齢者ばかりではない。やっとのことで停泊用の天蓋を張ってデッキでごろりと横になり、冷えた飲み物で渇きを癒やしアイスバッグで頭を冷やす。やがてT田艇が戻って来てW井艇のライフライン交換を手伝う。今付いているラインは白いカバーの被ったラインだが、無数にクラックが入ってところどころ錆が出ている。交換には特殊な油圧でかしめる工具が必要なため、普通なら業者に頼むところなのだが、T田船長の顔の広さで調達できるため自分たちで済ませられる。去年のライフライン破断事故後、ワタクシのを含めて4艇は交換が済んでいる。という訳で手際もよろしくアッという間に作業完了。夕方近くなってS飼船長にも声をかけると友人ともども一緒にやろうということになり、T田艇に全員集合。

カンパ~イ!の一言で初対面のゲストお二人とも旧知の仲のように打ち解けて祭りの夜の宴会が始まった。今夜は盆休みで祭の週末ということだろうか、ずいぶんマリーナの人口も多い。最近加速度的に高齢化が進むマリーナには珍しく、若い女性たちの華やいだ声まで聞こえたりして、全く関係の無い我々オジンもなんだか楽しくなってくる。辺りもすっかり暗くなり、宴たけなわになる頃、いよいよ花火の始まりだ。次々と夜空に綺麗な花を咲かせては散ってゆく。去年もこのT田艇から眺めていたのだが、今回も風向きと言い、ロケーションと言い最高なのだ。○○大花火大会の類とは違い、玉数も多くはないが一夜の余興としては十分。みんな夜空を見上げて笑顔がこぼれるひと時だった。e0183673_5212846.jpg最後の一華を咲かせ終り、今まで湧きあがっていたマリーナも時刻相応の静けさを取り戻す。それでも祭の後の宴会は続き、夜は更けていく。ずいぶん飲んで、話して笑った頃、気がつけばW井船長が潰れていた。きっと新しいライフラインにもたれかかりながら島々を巡っている夢でも見ているに違いない。そろそろ片付けて・・・・と誰かが声をかける頃には真夜中過ぎになっていたのではないだろうか。


このブログはWindows7、Explorer9を使用して編集しているため、他のブラウザ等では見づらいことがあるかも知れません。その場合にはお使いのブラウザの文字表示を大きくしてください。(ex.「表示」=>「文字の大きさ」=>「小」=>「大」など。)
[PR]

by 50SanKai-club | 2011-08-16 05:21 | 海遊び  

2011.08.06-07 第七回 船長ミーティング@長津呂荘

e0183673_545944.jpg

珍しく夏らしい土曜日。今日は恒例の船長ミーティング@長津呂荘の日だ。どうせ泊まりがけでイッパイやるわけだから雨だろうが雪だろうが・・・と思うのだが、そこは気分というものだ。今朝は早朝に出て、マリーナに寄って・・・と思っていたが、昨夜の夜更かしが祟って6時半過ぎの出発になってしまった。e0183673_561176.jpg最初の行き先は宮川のA井船長が船底作業を繰り広げるという油壺造船だ。8時半頃、手掘り?トンネルを抜けて海賊の隠れ家のような造船所に到着すると、ちょうどA井船長の船を陸揚げするところだった。車を停め、桟橋から手を振るが船長は怪訝な顔つきで目を凝らしている。やがて愛艇SK25からテンダーに乗って上陸すると、「な~んだぁ、gkさんかぁ。e0183673_594929.jpg本当にこんな早く来るとは思わなかった。」であった。(笑)A井船長のSK25は確か国産ではバラスト比ナンバーワン。ワタクシの憧れの船だ。因みにずっと差がついて第2位がBlueWater。一人で大変じゃないっすかぁ?というが、毎年のことだからおっしゃる。そう、ワタクシも毎年基本的に一人でやるが、25Feetなら無理な話ではない。それにワタクシも、年に一度は船底と向き合ってみるのもいいものだと思っている。作業前に時間をとらせても悪いので、頑張ってくださいと声をかけて宮川に向かう。O田、T田両船長と落ち合うのだ。
夏の輝きの中に見る宮川は素晴らしくのどかで美しい。e0183673_5105665.jpgゲートをくぐるとポンツーンの向こうに船でくつろぐ二人が見えた。しばらくO田艇で談笑していると、O田船長が出港準備をしていた別の船の船長に話を付け、みんなでお邪魔することにしてきた。すっかりO田艇で出るものだとばかり思っていたので聞くと、時々ほかの船に乗せてもらっているのだという。そのためかどうも宮川では最近「O田船長はLongしか船を出さない。」という噂が定説になりつつあるらしい??
お世話になる船の船長M田さんは快く我われを迎えてくれて9時半頃に出港。狭い港口を出ると左舷側はずっと先まで定置網だ。東京湾から三崎に入る時によく船がトラぶる、ちょっと有名な定置網で、悪く言う向きからは「船捕獲用定置網」などというあまり芳しくない称号を与えられたりもしている。

お陰で三崎港東口を横切ってずいぶん沖だししてから城ケ島方向に舵を切ることになる。大きなうねりが小山のように押し寄せる。乗せていただいているM田艇は2GM搭載のルボン。元気よくうねりを乗り越えセイルアップできる地点まで出る。風はどうだろう、6~7mくらいだろうか。手際よくセイルがあげられるとパッと風をはらんで速度を増していく。いや~気持いい~!e0183673_5134936.jpg
海から見る三浦半島先端部は、これもどこか遠い島々の佇まいに似て美しい。O田船長は早速持参のダボを曳く準備。つい先ごろスキッパーM田・漁労長O田コンビで良型のサワラをあげたらしい。船は夏の快晴に岩肌を輝かす城ヶ島を見ながら西へと進み相模湾に入っていく。快晴下、西南西の風を登りながら岬めぐりを十分に楽しんで、三崎港を抜けて宮川に戻ったのはお昼頃だった。昼飯はO田亭のそうめん。用意があるのかと思えばこれから買出しという。この辺がO田船長の憎めないところでつい吹き出してしまうのだ。しかも買い物は誰かに行ってもらいたそうな口ぶりのO田船長。バイクで来ていたT田船長が行ってくれることになって嬉しそう。(笑)e0183673_5144357.jpgしかしその後は実に甲斐甲斐しい働きぶりで、シャキーンと冷えたおいしいそうめんの出来上がりとなる。
「よ~く働くねぇ!」と冷やかすとご本人曰く、ここに来てくれたからにはちゃんともてなすとのこと。現に先日も三宅を目指して途中寄港したT田、W井船長の時もいろいろ尽力してくれたと聞かされている。いよっ、ご立派!
先ほどお世話になったM田船長も愛妻弁当を差し入れてくれて、美味しく楽しい昼食をご馳走になった。みなさん、ご馳走様でした。
泳ぎたくなった!というO田船長をよそにワタクシとT田船長は3時頃まで日陰に隠れてマッタリとする。うとうとしかかるとO田船長が自船だけでは体力をもてあましてか、一家団欒の船にまで泳ぎ渡ってプロペラ掃除をやろうかと言っているのが聞こえる。海からの急襲に遭ったその家族は驚きのあまり恐縮することしきりの様子だ。とにかく世話を厭わないのがO田船長の信条なのだ。
元気印O田船長の気の済んだ頃、本日のメイン・イベント、恒例の船長ミーティング会場である城ヶ島・長津呂荘に向かう。O田ちゃりんこ(自転車)、T田バイク(オートバイ)、ワタクシブーブ(自動車)という、まるで右肩上がりの昭和の縮図のようなまとまりのある姿にて出発し、ワタクシとT田船長は途中で午後のお飲み物、おつまみの類を買出して宿に到着。
e0183673_519960.jpg
すでに我々3人以外のメンバーは概ねお集まりであった。今回は11名。A田、A井、O田、S飼、T田、H澤、H沼、F谷、M口、Y田諸氏とワタクシである。夕飯までのひと時は、これも恒例となったがAperitif(食前酒)をやりながら文字通りゴロゴロする。油壺で船底作業中のA田船長もシンガリで到着し、面子もそろって話もビールも進む。中でもT田船長は、W井船長(今回は所用で欠席)と、つい2週間前三宅島に行ってきた。そのときの写真をみんなで拝見しながら島巡りに花が咲く。e0183673_5222726.jpgみなそれぞれに近況やら船の話でひとしきりおしゃべりに興じた後、ひとっ風呂浴びてさっぱりしたところで夕食となる。一階の和室二間をぶち抜きにした宴会場に長いテーブル。海辺の宿らしい料理が並んで宴会の始まりだ。
毎回のことだが我々の宴会はたけなわになっても、仕事の飲み会と違って徳利片手に歩き回る輩もなく、概ね自分の席にどっかりと腰を落ち着けて周り同士でワイワイガヤガヤとやるのだ。たまにみんなの話が一つになったり、また分かれて別々の話にもどったりして聞いていると面白い。飲むも飲んだり、食べも食べたりした後は、また二階の部屋に河岸を変えてゴロゴロ、ちびちびとやる。それを潮に早く部屋に引き取って休む人もいて気ままでよろしい。
そのうちお開きとなって横になるが、真夜中から表の磯で若者が大声ではしゃぎ出す。眠りが浅くなるたびに五月蝿い。最初に気がついたのは2時頃だった。朝方まで何度か煩わされるが、ああいう類に付物の花火がなかったのでさほど苦にもならなかった。しかし、うとうとしながら思うに、五月蝿くもあるがやはり若いというのはいいものだと少し羨ましく思えた。
e0183673_523447.jpg全員無事朝を迎え!?、これもまた海辺の正しい和食を頂く。しばらくすると「お代わり!」の声がそこここでする。「居候、3杯目にはそっと出し。」などという川柳を思い出すが、もちろんワタクシたちは居候ではないし、しかもまだ二杯目。ついでに「居候、亭主の留守にしそうろう。」なんていうのもあったっけ、などと余計なことまで思い出して可笑しくなる。う~ん、まだ少し悪い酒が残っているようだ。
とにかくみなさん食欲旺盛!今日も元気だ朝メシが美味い!
玄関でお約束の記念写真を撮り、「また冬に!」と言い合って今回も恙無くお開きとなった。
想えばこの集まりも2008年1月、BlueWaterのレストア祝いを兼ねた新年会で出た話が実を結んで、今回で4年、7回を数える。定宿は葉山から城ヶ島に移ったが、また今年もみんな元気に忘年会で会えるといいなぁと思う。
そのときまで皆々様、ご安航を。

このブログはWindows7、Explorer9を使用して編集しているため、他のブラウザ等では見づらいことがあるかも知れません。その場合にはお使いのブラウザの文字表示を大きくしてください。(ex.「表示」=>「文字の大きさ」=>「小」=>「大」など。)
[PR]

by 50sankai-club | 2011-08-10 05:27 | 海遊び  

2011.07.30-31 ある夏の夜の過ごし方

e0183673_14161868.jpg

週末にはエンジン、ギアオイルとフィルターを交換したいと準備をしてきたが、なんだか降るようで降らないような定まらない天気。しかしまぁ、この季節にしては涼しいし、予定通りやっつけようとマリーナに向かった。梅雨明けからひと月も経とうかというのにここにきて梅雨の終わりにしばしば起こる集中豪雨であちこちが大きな被害を被っている。今週は福島、新潟、山形などに記録的な豪雨をもたらしているらしい。
いつものようにS飼艇に顔を出す。サイダーを飲みながら空模様、昨日三宅から戻ったT田、W井両船長の話などをする。海は赤潮だ。S飼船長も船底掃除に潜りたいが止めたのだという。汚い海だが見ていると魚の群れが海面近くでざわめいている。先週アジが回ってきていたのは確認済みだ。一旦荷物の整理に戻り、今日の本題、オイル交換の準備をしているとS飼船長がニコニコしながら何か釣った様子だ。スカリを持ってこちらから行くと割と良型のアジだった。今シーズンの初物だ。e0183673_14173020.jpg私も、今日の本題のことはすっかり忘れて竿をとって釣りに興じる。が、なかなか釣れない。釣れないばかりか、魚がいる気がしないのだ。仕方なくと言っては変だが、本気でオイルを変える気になった。エンジンオイルを抜き取って、オイルフィルターを外しにかかるが、これが頑固に固着している。SOSをS飼船長に送るとフィルター外しを持ってきてくれた。やはりこういう作業は工具次第なのだ。交換し終わってゲージで確かめながらオイルを入れる。途中ゲージを何度も見るが、油が綺麗すぎて目おを凝らさないとレベルが見え辛い。ギアオイルも無事交換して少しエンジンを回しておいた。
今日の本題も完了し後片付けも終わったので潮の具合を見に行くと上げいっぱいに近くなっている。早速竿を振り直す。間もなくS飼船長のと同じ型のアジがかかった。その後は足元の水面から飛び出したウミウに驚いたくらいのことで、魚信はあるが肝心の獲物が掛からない。それでも今夜は刺身が食える。ありがたいことだ。
e0183673_14184991.jpg18時頃、アジを三枚におろし刺身に仕立てて持ち寄りでイッパイ始める。今夜は悪い予報のためか人の出もまばらだ。S飼船長と二人、「降ったら降ったときだ。」と勇ましくS飼艇のデッキでくつろいでいたのだが、晴れるかと思ったら黒雲に覆われ始め、遠雷も聞こえ始めた。そのうちポツリポツリと大粒が降りだし、キャビンに皿やコップを抱えながら逃げ込んだ。時間が経つほどに雨風は騒がしくなり、暗い夜空に白い閃光が走る。例によって早朝(常人の未明)から起き出しているためか、これ以上いると自分の船に帰るのが面倒になりそうだったので、雨が一番激しい頃だったが、びしょ濡れになりながら後かたづけしてお開きにさせてもらった。
思えばもう8月かぁ。一日は長いけど一年は早いものだ。自艇に戻って音楽に耳を傾けながら空を見ていると、これはこれで夏の夜の過ごし方としては悪くない気がしてくるのだった。

[PR]

by 50sankai-club | 2011-08-01 04:14 | 海遊び