<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2012.05.12 乗鞍岳 Tele & XC

e0183673_14131115.jpg

週末天候回復とみてnaoさんと乗鞍岳に行って来た。
naoさんと滑るのも乗鞍岳も今期初めてだ。そして、クロカン板でのBCも初デビュー!Alpina X-Terrainなのでクロカン板といっても微妙なのだが、乗鞍だし雪の状態も分からないのでテレマーク寄りの板を選択したのだ。もちろんビンディングはロッテフェラNNN-BC。靴はCrispiのクロカンブーツだ。
午前4時、naoさんの車で出発。ナビの到着予定は8:36だが、三本滝からのバスは8:30。高速で1時間稼いで目論見通り7:30過ぎに三本滝Pに到着。
車から出ると強烈な寒さだ。強風に粉雪が舞って水たまりは氷結していた。寒いのはなんとかなるように装備してきたが、それでも強風は勘弁してほしいと思う。
e0183673_14394788.jpgのんびり準備してバス乗り場に行くとすでに長蛇の列だ。ほどなくバスが4、5台新島々からやって来た。3台目に乗って位が原に向かう。大型バス4,5台からドバーっと吐き出された人の群れは、あっという間に山に散っていった。スキー・スノボーばかりではなく、結構写真や観光という方々も多いようだ。
登り力自慢のアルピナだが、見上げる壁にここは素直にシールをつけた。ブーツと板が軽快なので、久しぶりのスキー登坂もなんとかついて行けそうだ。壁二枚を上ると斜度はやや緩やかになり麻利支天岳直下を横切る84号線に交差する。おおよそ2606m付近。それにしても風が強く、激しく去来する雲のため、先行者の姿も消えたり現れたりで視界が確保できない。頂上から吹き降ろす強風が容赦なく真正面からぶつかってくる。

風をよけて小休止と思い見回すと左手道路下に小屋がある。風裏になりそうな片隅を見つけザックをおろした。見上げれば後一枚登ると頂上。残り200m足らずで肩ノ小屋、400mちょっとで剣が峰山頂だ。だが、クロカン装備で今の自分の技量ではこの辺が妥当な地点かもしれない。naoさんは風が収まれば上まで行くという。目の前の斜面はXCにおあつらえ向きだし、頂上から戻るnaoさんを待つ間に何本か登り返して修業じゃと思っていたのだが、その風が一向に収まる気配がない。更に、見ていると頂上直下を風に阻まれてなかなか登れずに張り付いている先行者たちがゴマ粒のように動かない。
大休止の後、状況も変わらないので仕方なく二人そろって降りることにした。滑り出しの地点は吹き降ろす寒風のためか、カリカリだったが、ほんの少し下がると程よい感触だ。昨夜か未明にうっすらと新雪もかぶっていて、所々ブレーキ雪もあるが何とかいけそうだ。naoさんは余裕で高度を下げてゆくが、初めてのクロカン装備に私はややへっぴり腰。自分でもそうだと分かるのだから嫌になる。それでもしばらくすると徐々に慣れ、欲張ったことを試してみたくなる。こういうときが上達のときだ!(と願う・・・)e0183673_14431044.jpg
楽しい時は短く感じる。滑り出してから板を脱ぐまではたったの27分7秒。それでも惜しみ惜しみゆっくりと降りてきたのだがそんなものだ。
位ヶ原の気温0度。相変わらず強風だ。naoさんは本日で今シーズン終了とするらしい。ほかの日程もあるのだろう。自分もそうなるだろうとは思うのだが、何年か前のポカポカ乗鞍春スキーが思い出され、もう一度来られればなぁと思う。
[PR]

by 50SanKai-club | 2012-05-15 04:22 | 山遊び  

2012.05.04-05 ウクレレ生オケ

e0183673_1505461.jpg

連休後半は天気が悪いという前評判どおり、都内でも大雨、洪水、雷注意報。臨海地域に至ってはこれらに強風波浪と場所によっては高潮注意報まで。もう少し低気圧の足は速いだろうとタカをくくっていたのだが、結局4日の朝が明けてもカラッと晴天という訳ではなかった。

それに、数日前には三浦半島の先っちょからO田船長が遊びに来たい様子のメールが届いていた。どうやらY田船長と二人、島めぐりを計画していたらしいのだが、折角の大型連休も好天が続かない。e0183673_441250.jpg前半大島までは行ったが、これ以上足を延ばすと停滞を余儀なくされ、最悪休み中に帰れないという事態になりかねないというのでそれ以上遠くへの旅は諦めて帰港したとのことだった。したがって、YBMへの里帰りは“Plan B”ということだろう。そういう連絡があって、それじゃ4日にという訳で朝早くマリーナにやって来たのだった。
連休の割には閑散としたマリーナだった。8時過ぎ出港。千葉側から神奈川側へと頭上には低い黒雲の帯が広がっている。来る途中にも雨に見舞われたので船を出してから雨に降られるe0183673_4423291.jpgのはごめんだなと思いながらもやいを解く。ポンツーンから離れてすぐ、エンジンの吹け上がりが悪い気がしたので、港外に出る前に回転を上げたり下げたり慎重に調子をみて見る。やはりレスポンスが少し悪いようだがトラブルになる程でもなかろうと判断して外に向かう。
八景は晴れ間のある明るい空。早いとこ黒雲を抜けて明るい空の下にと向かうが、あっという間に黒雲に追いつかれてしまった。まるで龍でも顔をのぞかせそうな黒雲である。幸いなことに雨には見舞われず、やがe0183673_443311.jpgて八景沖に着くころには空も明るくなると強い日差しが、やはり5月なんだと感じさせてくれる。遊漁船団をやり過ごし、ディンギーの群れをよけ、あちこちへと船を向けているうちに風は徐々に上がり、ちらほらとウサギが跳ねる海況になって来た。帰りは上りだが、陽が出て温まった風はやや東に寄りはじめ、ちょうどよい方角からとなる。ぐんぐん速度を上げてマリーナに一直線だ。久しぶりにいい風のなか気持ちよく過ごし、昼前にマリーナに戻った。
e0183673_4441792.jpg午後にはW船長も来てしばらくすると、思ったよりだいぶ早くO田船長の船が到着。それから15分ほどで、後を追いかけて船を出したというY田船長も無事到着してやーやー、よーよーと賑わう。着いたばかりのお二人には船周りの後片付けをしていただいて、W井船長と買い出しに出かけた。午後も落雷だの大雨だのと脅かされたが、やっと空も落ち着きを取り戻したようだ。片付けも終わった様子のO田、Y田両船長に声をかけ、W井船長艇で宴会開始。やがて晴れ渡った夜空に大きな月が。今宵は通常の満月より14%大きく、30%明るいスーパームーンなのだ。そして、今回はO田船長の号令一下、全員ウクレレ持参。最後はそのO田船長の生オケ付き歌声喫茶状態の宴となった。カーペンターズにビートルズ。なごり雪にサボテンの花と懐かしのメロディーをみんなで口ずさみながらそれぞれの記憶の中を漂う。音楽があると宴会もまた一味違って楽しいものだ。
[PR]

by 50SanKai-club | 2012-05-06 15:11 | 海遊び