<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2012.090.08 人間に運不運があるように

e0183673_7142341.jpg

昨日は予報の割にはよい天気で、朝はほとんど吹いておらず快晴だった。午後からフットボール時代のチームメイトTsu氏が遊びに来るというので、ヨブンイレブンで散々買い物し、準備万端マリーナに到着。ポンツーンでデルフィアのY口?さんに遭遇。彼と前後して船を出そうと思ったら、燃料計が空を指している。あれ?確か半分を切った頃だと思ったのだが・・・?仕方なく給油に向かうことにした。P&G艇を通り過ぎる時、T中さんがキャビンから顔出して、「釣れたよ!」と声をかけられた。彼は今シーズン絶好調の様子。先日もイナダを釣って来たとS飼船長が教えてくれたばかりだ。
YBM開店の時間まで少々あったので、デッドスローで給油所に向かっていると、何やら電線の焦げたような異臭がし、気のせいか目の錯覚か、ポワ~ンと薄く白煙が出たような・・・。慌ててキャビンに飛び込んで、バッテリー周りやらあちこち見ましたが分らない。気味悪いけどエンジンは回っているし、そのまま給油所に向かい、無事給油完了。「ThankYou. じゃぁね!」などとスタッフに愛嬌振りまきながら、もやいを解いてイグニッションを回しましたがエンジンがかからない!例のピー・・・フニャフニャと鳴くばかりなのだ。午前9時、Made in Chinaの赤外線ストーブのような無遠慮な日差しが照りつけるうえにこの未体験異常事態。スタッフもポカ~ンとする中、私は日向のつららよろしく凍りつき、足元には、あっという間に蛙が産卵できそうなほどの水たまりができた。いや~、参った!以前書いたように、このエンジンはまだ初期調整も済んでいない新品同様のもの。一体なぜ?どーしてまた今日?と頭の中も白い煙でいっぱいだ。修理スタッフ呼びましょうか?と言われて我にかえり、いや、以前からこの船診てくれている人呼ぶからと、頼みのSBF貝道氏に電話するが、これまた今日に限って、「おかけになった電話番号は、電波の届かないところか・・・・・」の繰り返しだ。困った!とっさにあの親切な笑顔を思い出してYamada Marine Loftに連絡を入れると、向こうからも連絡を取ってみると言ってくれた。
船を替えて、まだそんなに出してはいないが、やっとアワーメーターが50hを回ったので、この週末、帰りにでも貝道氏に引き渡して、初期調整をお願いしようと思っていたのだ。SBFの若い衆を呼んでくれと頼むと、青いツナギのスタッフが飛んできて、「貝道は本日ヨットレースの講習会でここには来られませんが大丈夫ですよ。」とのことだった。とりあえず給油所からはがして対岸のポンツーンに着けるという。否応のない話だ。やがて曳航され落ち着き場所に着くと、ほどなく別のスタッフが二人やって来てエンジンを診てくれた。電気系統の故障であることは分っていたが、どうやらスターターが原因だったようだ。イグニッションを回すと、リレーのカチッという音はするがそれからがいけない。覗き込むと金属色であるはずのスターターがこんがりウェルダンに焦げて茶色になっている。その後、何回か繰り返すうちにリレーも焼きついてしまったのか、突然白い煙がたちこめて、スタッフが慌ててバッテリースウィッチを切る一幕もあった。曰く、スターターは本来エンジンがかかればギアーが抜けて止まるのだが、抜けないまま回り続けて焼けたのだろう。
予定では先週来、同型艇のG藤船長を煩わして教えていただいた照明関係のLED化を施し、天気が持てば懸案の屋根の換気扇を取り換える作業をして元チームメイトを迎えるはずだったのだが、とんだ騒ぎでオジャンになってしまった。おりよく彼とは連絡が付き、事情を話してまた後日にしてもらったので、無駄足をさせずに済んだ。
来てくれたスタッフには、船に置いてくると告げた鍵を持ったまま降りて来てしまったので、ハウスに立ちより、貝道さんに渡してくれるように頼んで出る。
とぼとぼとマリーナの西から東まで戻らなくてはならない。炎天下、重い荷物に喘ぎながら歩いていると、ふと、あの船はツキのない船なんじゃないかと思えてきた。
装備品を見ると随所に良いものを使ってもらっているし、元々は大きな帆をいっぱいに広げ、海原を疾駆する自信とプライドに満ちた船だったのだろう。しかし、エンジンは最新のものに替えてもらったものの、ジブは喪失し、何らかの理由であまり乗られなくなってしまう。いつしか自慢の切れ長で恰好の良い窓には亀裂が走り、締め切ったキャビンへの雨漏りでシートはじっとり湿りっ放し。そうしているうちに誇りと自信をなくし、人間でいうところの気持がクサってしまったのではないかと・・・。思えば可哀そうな奴である。
でも、これからは大丈夫!たくさん、そして大切に乗ってやるからな。と根拠のない子供じみた妄想に耽り、妙に感傷的な気分で歩き続けた。


*(本篇の船についての想像はあくまで私個人の妄想で、事実ではありません。)
[PR]

by 50SanKai-club | 2012-09-09 07:19 | 海遊び  

2012.08.31-09.02 納涼船長ミーティング@長津呂荘

e0183673_1801430.jpg

去年暮れの忘年会転じ今年の新年会の予定がご破産になり、アレヨアレヨといっているうちに盛夏。今回は自分の退職、船の入れ替えなどなど落ち着いていられない状況なので、三浦半島先っぽ、宮川に移ったO田船長に幹事を引き受けてもらった。場所ははや4回目となる城ヶ島・長津呂荘。もはや定宿と言っていいだろう。
前日YBMに入り、洗濯済みのクッションカバーの取り付け、残るクッションの清掃、チーク合板の剥離修理などなどを済ませた。夕食をS飼船長と満月の宵を楽しみながらとっていると、e0183673_518534.jpg夕暮れの中、S飼艇の隣のG藤船長艇がご友人たちと賑やかに戻って来た。午後からセイリングを楽しんだ後、マリーナで夕食を済ませて帰って来たのだそうだ。G藤船長も今年Y26Ⅱに乗り替え、随所にセンスの良いアレンジを施しておられるので何かと参考にさせていただいている。今日も戻ったばかりの船長にお願いして、航海灯やキャビンライトのLED化をつぶさに見せていただいた。船長にはいつも快くアドバイスをいただけるのでとてもありがたい。実際、後日幾度かの細々しい問い合わせにも親切な回答をいただき大いに助かった。
翌9月1日昼前、予報よりも早く崩れ始めた空の下、今回の幹事役が待ってるよ~んと言った宮川に向かう。着いてみると幹事殿は明日のレース艇に同乗とのことで洋上の人・・・。e0183673_1862049.jpg
はてさてどうしようかと見回すと、Y田船長が船におられた。ちょっとお邪魔して話しこむ。駐車場の関係で長いもできず、14時半過ぎには長津呂荘に到着。折しも突然の大雨に、磯遊びの家族連れや観光客達が慌てて身支度をしたり、土産物屋の軒先に飛び込んだりしている。道端でお父さんがびしょ濡れになりながら、小さな兄弟に代わるがわるTシャツを着せ、サンダルを履かせている。そんな光景を目にすると、一瞬、頭がタイムスリップして、わが子の幼かった頃に飛んでしまう。嗚呼、あの頃は若かった!
皆が集まる時間までまだずいぶん時間がある。宿の主人について二階に上がる。部屋はいつも通り大きな角部屋と向かいの二部屋。手前には広く変化に富んだ城ケ島の磯を配し、天気さへよければ正面に大島を望む開放的なロケーションだ。みなが来るまでにと部屋を冷やし、雨も小降りに
e0183673_5412041.jpg
なったので一旦外に出る。昔ながらの土産物屋が並ぶ狭い小道をバス通りの方に戻る。軒先に吊るされた貝殻細工の土産物、イカやサザエなどを炙る香ばしい香り。ここにはまだ昭和の海水浴場の原風景が残っている。
宿に戻り、ゆっくりと風呂を使わせてもらってさっぱりとしたところに、先ほど宮川でお邪魔したY田船長が来られた。風呂を勧め、幹事は?と聞くと、今買い出し中だろうという。やがてA井船長も到着し、ほどなくO田幹事がデッカイクーラーを持って現れた。そのクーラーを置くより早く冷えたビールをもぎ取って流し込む。う~んまいっ! e0183673_18124326.jpg
16時頃には、参加者9名全員が揃う。外は相変わらずザーッと来ては止み、時々雷鳴の轟く空模様だ。各々ひとっ風呂浴びて潮を流した後は、長~い食前酒パーティー?の始まりだ。今回の納涼会はほとんどが宮川勢。YBMからは初参加のH澤(弟)船長と私だけというちょっと残念な結果になった。元々の主賓的なA田船長も体調がすぐれないというので欠席。ちょっと寂しいし、心配もしている。その代わりという訳ではないが、宮川からはYBMにも来てくれたM田船長も含め、New Faceが4人。私より少し年輩のH野船長。どう潜り込まれてしまったのか、明日のレースに幹事のO田船長を乗せる羽目になった若いS良船長とK保船長達が初参加してくれた。
下の金波大宴会場で夕食が始まった。この辺りでは評判の良い料理と言うだけあって、マグロ、ヒラメの刺身をはじめ、品数、味ともに納得の膳である。e0183673_18161561.jpg先ほど来の食前酒で気心も知れたように、和気あいあいと膳を囲んで話に花が咲く。やはり一年に一、二度、こうして顔を合わせ、四方山話に耽るのも悪くないものだと思う。海や船、旧友の近況、身の回りの出来事、そしてオヤジらしく、健康の話と子や孫自慢。(笑)となにくれないものばかりなのだが、日ごろ見られぬ顔を見て、酒を酌み交わし、笑顔に応じながら話に興ずる。まことにアナログにして人を朗らかならしむる集まりではないか。
膳の切れ目が宴の切れ目。再びほろ酔い気分でドタドタと二階に上がり、呑み助ばかりが綺麗に敷き詰められた布団の脇で二次会を始める。Y田、A井、M田、H澤船長に私と言う面々だ。そのうち一人二人と横になって時刻も忘れて夢の中。
昨日同様の荒れ模様のまま朝を迎えた。大島もほとんど雲の中である。朝食はレースに出る面々に合わせて7時。正しい日本人の朝食!をいただきながら、保田での再会を約束して第八回船長ミーティング@長津呂荘はめでたく閉幕した。幹事さんご苦労様。
e0183673_18164392.jpg

[PR]

by 50SanKai-club | 2012-09-07 18:19 | 海遊び