<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

2014.03.08-09 ヤマヒコ meets ウミヒコ

e0183673_925838.jpg

先週、2年振りにS井さんと湯の丸高原の池の平に出かけた。当日の気温2℃、やや暖かく濃霧。風もあって小雪の舞う空模様だった。湯の丸高原スキー場は壮年?のスキーヤーに優しく、還暦以上であれば全てのチケットに割引が設定されている。窓口で池の平に行きたいと相談すると1回券1枚の行き方を教えてくれた。ところが、いつもの駐車場、いつもの発券小屋から300円の1回券をくわえて歩き出すと目指すリフトの遠いことったらない!e0183673_7163394.jpg
e0183673_941925.jpgやっとスキー場上部に辿りつくが、今度は私のあやふやな記憶のため林道入口を探してまたウロウロ。林道出発後、途中からショートカットし始めるが折からの濃霧で視界が悪く、これまた私がGPSと地図を忘れたためプチ迷子。行き遇ったスキーヤーに聞いてようやく池の平湿原入口に到着するというモヤモヤ感の残る一日だった。e0183673_95784.jpg
そんな先週のモヤモヤは書き直して「上書き保存」に限る。と週明けの寒気に期待して今日も湯の丸にやってきた。
GPSも持ったし、先週の学習を生かしてリフト近くの駐車場に止め8時半の始業を待って林道入口に上がる。今日は忠実に林道をたどってLogを取りたい。どうやら先行者のない林道をスネくらいに積もった新雪をわけて進む。林の中は風もなく天気は快晴。気温-17℃ということもあって汗もかかない。ゆっくりとしたペースで池の平湿原入口まで約1時間のハイキングだった。
入口から湿原を見降ろす。青い空、一面の雪原、そのまだ向こうに広がる霞む大地。素晴らしい光景だ。スキーを脱いで休みたい欲求にかられるが、時折、このまま天候が急変するのではないかと思わせるような強風が、視界を失うほど雪煙りを舞いあげ5分ほども吹き続ける。午後から雪雲が流れ込むと予報は言っているし、そのまま湿原に1本滑り降りることにした。

折角だからとwearablecameraのセットにかかるが、サングラスでは設定に必要なスマホ画面が見えない。はずして眼を凝らすと老眼で見えない。もちろん心眼でも見えるはずもなくスウィッチをめくら押しして滑り出す。斜面はやや硬めだがクラスともひどくなく、私の腕前でもなんとか楽しめる程度で楽しい!そこから見上げるとただ1本のシュプールが少し誇らしげに映った。うまくカメラに納まったか気になったがまずはシールの装着だ。e0183673_982893.png今日も登坂能力の高いVoile Vector BCだが、ここはシール登高だろう。先週、スキーを脱いだ瞬間腰まで潜ったので、先にザックを降ろして座りなんなくクリアー。登り返すとまた強風と雪煙り。もう一度手探りでカメラを操作してスキー場を目指す。斜度が緩くまるっきりのパウダーでもクラストともいえない微妙な感じで、往路のトレース上でしか滑らない。なんだかソチオリンピックのクロカン映像の中にいるような感覚のまま漕いで漕いでゲレンデトップに出て、最後にゲレンデを気分よく滑り降りて無事終了。
車に転がりこんでから例の「本日の1本」がカメラに写っているかどうか確認する。帰路はやけくそで、写ろうが写るまいがとスイッチを入れっぱなしで戻ってきたのだが、やはりあの1本が気になっていたのだ。結果はザ~ンネン!滑り出しが一瞬撮れたような撮れないような・・・。ガックリ!でもまぁ、次回があるさと言い聞かせて車を出した。
e0183673_9134845.jpg今週も昼食は横川の釜めしだ。そのまま飛ばしてベイサイド・マリーナに向かう。
着いてS飼船長にコーヒーを馳走になってから、二人でワカメの出来具合を見に行く。春めいて陽も伸びたのか、一気にうららかな気分になる。まだなのかもう終わったのか、お目当てのワカメは1本も見当たらない。それでもワカメを探すワカメ目のままぶらぶらと船に戻って一休みすることにした。横になるとさすがに眠気がさし、うす暗くなるまで寝入ってしまった。夜はS飼船長と来合わせたM口船長の三人でイッパイ!とても若く見えるM口船長もつい先ごろ退職されたとのこと。お疲れさまでした。夜風にすっかり冷え込んできた頃、ワインも空いてお開きにした。
e0183673_9143872.jpg翌早朝、夜半から吹き続く寒風も少し勢いを失ったようだが寒い。空はどんよりと雲が低く、また春が少し遠のいたように感じられた。
[PR]

by 50SanKai-club | 2014-03-15 09:17 | 山海複合