<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

140628-29 山でオーバーナイト

ウン十年振りに奥秩父・笠取に行って来た。
e0183673_1041066.png

とにかくオーバーナイトで山に行きたいと思っていたが、天気やら何やらでなかなか好機は訪れない。このまま真夏じゃやってられないので今週こそと踏ん切りをつけた訳だ。なぜ奥秩父かというと、少しでも西の方が天候がましかなと思ったからで、この点はちょっと当たったようだ。
e0183673_10455115.jpg

笠取と言えば、まだ30代の頃、小屋を越えてブドウ沢だの水晶谷だのに分け入ったことがあった。深い樹林帯を登り、突然開けた小屋前に出ると質素な建物と開放的な雰囲気が疲れを癒してくれたよう憶えている。
e0183673_1162051.jpg

今日は「源流の道」というよく整備された登山道を小屋までやってきた。記憶通り開けた小屋周りはのんびりと美しい。ウン十年振りの山登りのご褒美か、晴れ間まで出て渡る風も清々しい。
e0183673_11121813.jpg

装備を背負ったまま小屋に行くが誰もおらず施錠されていた。どうしよう、このまま笠取山まで向かうか?もともと笠取山往復は1日の行程だが、とにかく今夜はここで過ごすのだし、テン場を作ろうと決める。
e0183673_11175852.jpg

やがて小屋守が上がってきて手続きも終わる。今日は(天気は)持ちそうですかね?と聞くと、夕立ちは来るだろうと言う。ますます突撃する気が薄れたところにビールの文字!まあ「山でオーバーナイト」が目的だ!とうそぶいてビールを3缶もゲットしてしまった。
e0183673_1123648.jpg

ゆったり山の晴れ間を楽しんでまどろんでしまってから起き出して、空身で少し先まで散歩することにした。天気がこんなに持つならと少々後悔したが、もう時計は16時を回っている。
e0183673_11261453.jpg

わずか20分ほどで雁峠分岐。その向こうに笠取山がポコンと立っていた。すぐ近く、あちこちに鹿が出て来てピーッと鋭い鳴き声を上げる。
e0183673_11302683.jpg

しばらく「小さな分水嶺」のてっぺんで過ごしテン場に戻る。
力持ちの蟻でもいたのか、夜は鍋が倒れて晩メシ抜き。ツマミにワインとビールでしのぐことになってしまった。やがて夕闇と共に深い霧に飲み込まれ、朝方雨がシェルターを叩くまでぐっすりと眠った。
[PR]

by 50SanKai-club | 2014-06-29 11:46 | 山遊び  

2014.06.14-15 釣った喰った聴き惚れた!

e0183673_10315464.jpg
 
金曜日遅かった割には普通に目が覚めた。「痛飲・疲労」より「老い」の影響力の方が勝るらしい。今日土曜は年2回だけのゴルフが入っていたのだが、急きょ前日金曜が遅くなるはめになり、分った時点で迷惑をかけぬようキャンセルしておいたのだ。ほぼいつもどおりに目覚めたと言ってもゴルフコンペには間に合わない。やはりキャンセルしておいてよかった。e0183673_10324592.jpgしかしその結果、ぽっかり穴の開いてしまった週末。天気もよさそうだし、マリーナに行くことにした。途中なんとなく「折角だからキスでも釣ろう」と新杉田近くの釣具店に寄って餌を仕入れた。そそくさと準備して静かな海に船を出し漁場(?)に向かう。キス釣りも随分と久しぶりで、10年このかた記憶がない。魚探に頼らず昔通り山立てする。棚は10mちょいだ。少し浅くても深くても群に当たらない。大潮だが下がりっぱなで潮の動きも緩いのでアンカーを入れずに竿を出す。片手にティラー、片手に竿といった格好だ。時々船の向きを加減しながら流す。第1投に来たのは16,7cmのまぁまぁサイズだが1尾かかると安心する。第2投からバカデカイ型が混じり始め、e0183673_1033419.jpgちょっと本気になる。緩いとはいえ船はすぐポイントを外れてしまうのでこちらの作業も結構忙しい。気づくと私の前後に早くも遊漁船が寄ってきている。両舷に立ち並ぶ釣り人たちを横目に良型をポンポンと上げて90分ほどで竿を収めた。キャビンに置きっぱなしにしていた携帯を見るとS飼船長やT田船長から連絡が入っている。S飼船長との電話でT田船長が付近にいるようなので連絡を取る。やがて気持よさげにセイリングしているT田艇と行きあい、互いに撮影して戻った。
e0183673_10341582.jpg釣果をおろして今夜の刺身分とひらきにこしらえる。一夜干し用の塩はS飼船長にお借りした。片付けも済んだ頃、三浦半島の先っちょマリーナのO田船長から、今日は海かとの問い合わせメールが入ってきた。早速電話して今日はキスの刺身付きBBQだ!と伝えると、やや考える様子。時計も13時を回ってるので今日は無理かと思えばこれから船で来ると言う!?大歓迎だが気をつけてと電話を切る。
e0183673_10362537.jpg
夕方近くになってO田船長に連絡を入れると、心配していたとおり出港当初から吹かれたらしい。それでももう近くまで来ているとのこと。e0183673_10363315.jpgこちらもみんなで宴の準備を始める。今夜のメンバーは私の他S飼、M口、T田船長とO田船長を迎えてということになる。
18時を回る頃、無事O田船長到着。さぁ、宴会の始まりだ。今日もT田船長の献立で盛り上がる。梅雨時にしてはまずまずのいい宵を楽しく過ごし、このところ誰もがひそかに心待ちにしているM口船長のコーヒータイムに移る!今夜はO田船長のクラッシックギターミニリサイタル付きだ。しばし生演奏に聴き惚れながら挽きたて入れたてのコーヒーを味わいシアワセーな気分。e0183673_103713100.jpg久しぶりにキス釣りを楽しんだし、ちょっとご無沙汰だったO田船長も遊びに来てギター演奏まで披露してくれるという盛沢山な一日となり、うっとうしい梅雨のタイムリーな息抜きになった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2014-06-29 10:38 | 海遊び  

2014.05.31-06.1 作業は道具?? いやいやお友達です!!

e0183673_6143153.jpg

今週は高気圧ド真ん中。嗚呼、予め連絡取り合ってちょこっと遠出でもすりゃー良かった!と後悔しながらも、夏本番に向けての宿題、ビニミの改修が焦眉の急となっていて悩ましい。ビニミの高さをブーム直下までかさ上げするには幹であるパイプの延長が必要なのだが、なかなか良い継ぎ手が見つからないのだ。仕方なく自宅近くのホームセンターで次善の継ぎ手を購入し、今日は何としてもやり遂げるつもりで家を出た。しかし、それにしてもいい日和。早く着いたことでもあるのでちょっと出そう!
e0183673_6152522.jpgS飼船長はすでに出港しているようだ。はやる気持ちを抑えながら出港準備を整え港の外へ。いざセイルアップの段になると途中で上がらない!スライダーがつかえたのかとマストに行くと縮帆リングにフックがかかったままなのだ。あれれ、そういえば前回出港は昨秋だっけ。吹かれて縮帆したまま半年以上経っていたことに気づく。やれやれ。一連の縮帆解除作業を終えて無事フルセイルで滑り出した。先行のS飼船長と連絡はとれるが目視できない。風はほぼ南、約3mくらいだろうか。エリア、エリアで萎えたり吹いたりはしているが観音崎方向は上りとなる。e0183673_6161490.jpgしばらくタックしながら上るが、八景沖にはディンギーの群、その前方には遊漁船の塊。ちょうど次のタックでどちらかの集団に突っ込むかというところでジャイブして戻ることにした。風も落ち始め、追手ではセイルがばたつくばかり。船底作業直後だし、機走速度を見てやろうと、ジブをたたんで機走に切り替える。2000回転4ノット。2500でほぼ5
。3000回転で6ノットに達するが3500以上回しても7ノットほど。それでも船尾はモーターボートのような波が立つ。続々と出てくるヨットをかわしながら帰港した。
e0183673_617574.jpg先に帰ったS飼船長が舫いを取ってくれ、冷たい飲み物もご馳走になっていよいよ作業と向き合わなくてはと船に戻る。ビニミに取り掛かる前に電源コードの交換をしようと新しいコードの買い込んできた。もうだいぶ古くなってコードカバーの中でよじれによじれ、プラグ内で断線しているようなのだ。ようやくその作業を始めるとS飼船長が手伝いに来てくれた。そうこうしているうちに今度はT田船長も到着し、S飼、T田の最強コンビで作業再開。自分ひとりなら、きっと電源コードの交換だけで今日はお終いとなったことだろう。サッサとコード交換を終えビニミ改修に着手してくれた。こういう場面では何度も二人に助けられ技術の確かさに感嘆してきたが、今回もあっという間に完ぺきな仕上がりとなった。本来、一番働かなくてはならない私はと言えば、かろうじて寸法を決めたのと穴あけ作業でパイプを抑えていたくらいのもので、まったく情けない限りだ。e0183673_6174516.jpg
すっかり時間を取らせてしまったT田船長は16時くらいから出港。後から来たM口船長も船を出し、S飼船長と私で買い出しに行く。一人BBQのつもりで来たT田船長のメニューに買い足す格好だ。やがて二人も帰港しお約束のBBQ。今宵もサンバの国のコケコッコを炙って頬張る。T田船長がキャビンから美味いミディアムボディーの赤を出して来て振舞ってくれた。先週と違って穏やかな過ごしやすい宵を満喫し、最後にM口船長艇で挽きたてのコーヒーをご馳走になり満足しきって本日終了。本当にありがたい一日でありました。
[PR]

by 50SanKai-club | 2014-06-03 06:18 | 海遊び