<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2014.09.18-19 立山連峰雄山

e0183673_23353442.jpg

18日朝、天候を気にしながら大町温泉郷の宿で目を覚ます。再就職二年目の秋、初めて3日間の休みをもらって来ようと思ったのが立山なのだ。平日の黒部・アルペンルートの朝一は扇町発7時30分だ。車で扇沢トロリー駅駐車場に向かう。途中の林間道路は時折木漏れ日がさして気持良い。棚田のような駐車場が見えてくる。なんだか懐かしい。e0183673_2339073.jpg紅葉シーズン前の平日ということもあって、マイカーもまばらだ。一番上段の第1駐車場に余裕で停められた。
スキー客満載の時期と違い室堂まで、トロリー、ケーブルカー、ロープウェー、そしてまたトロリーと、どれにも座席を得ることができた。いずれも乗車時間は5分から16分程度なのだが、途中の黒部ダム、黒部平、大観峰と眺望を楽しめるよう計らわれており、室堂に到着するには2時間を要する。そのうちロープウェーに乗り換える黒部平にはちょっとした思い出があり、雲の隙間から東一ノ越を見上げた。2002年5月11~13日にみくりが池温泉をベースに滑りに来ていたが、帰りは黒部平まで滑って降りようと言うことになったのだ。e0183673_6565554.gif一ノ越から東一ノ越までのトラバースも恐ろしかったが、いざ東一ノ越から黒部平を目指しての斜面は忘れられない。大きくスプーンカットされた氷河のような急斜面で、そこここに融水の流れる縦溝ができており板はばたつく、おまけにコンタクトレンズが片方剥がれ飛んでしまって遠近のはっきりしない状態で滑り下りたのだった。今、ドロップポイントの東一ノ越を見上げても、よくもあんな所から滑ってきたものだと改めて思うほどだ。
室堂到着。登山届を!と呼ばわる声に用紙をもらいに行くと、係員が稜線では冠雪があったと教えてくれた。落とそうかどうしようかと迷ったが、一応滑り止めを携行して来てよかった。
e0183673_23512668.pngターミナルから屋外に出ると誰もが山容のスケール感に感嘆の声を上げる。特にこの頃は「山ガール」と言われる不思議な民族衣装の若者(男も同様)が多く大変な騒ぎで、たちまち一大撮影会が始まる。
到着早々だが亀の歩みなので休む間もなく一ノ越に向かう。実はスキー以外の立山は初めてなので、ここまで立派に整備された遊歩道が張り巡らされているとは思わなかった。多くの敷石に削岩機の痕があり、大岩を砕いて敷き詰めたのが分かる。
e0183673_23524412.jpg遠くに一ノ越を望みながらでこぼことした石畳の道を登って行く。すでに息も絶え絶え。やがて砦のような石組が施された一ノ越に到着。振り返ると次々に雲が富山側から湧きあがって流れ込んでくる。ここはいつでも風が絶えないのだ。息を整えて雄山山頂を目指す。登山道の上から小学生たちがお互いを鼓舞する掛け声が響いてきた。学校の行事だろうか?雲の間にまに、だいだい色の雨合羽の列が上へうえへと這い上って行くのが見える。ガレた岩場の道を喘ぎながら登るが、雲に包まれ寒風にさらされるたびに登山者の列が一瞬動きを止める。大きな岩陰に身を寄せて休む人もいる。それなりの装備は用意してきたつもりだが、途中、吹かれるたびにカッパを着、防寒着を足して、頂上に着いた時にはフル装備になっていた。街の季節感に惑わされずに手袋、ネックウォーマーなどの小物を省かないでよかった。もしなかったら、ちょっと辛い目にあうところだった。
e0183673_23533549.jpg
幸い晴れのタイミングで一等三角点を踏むことができた。
頂上はもちろん絶景!360度の大パノラマだ。ため息をついてはシャッターを切り、シャッターを切ってはため息をつく。

少し休んだら大汝に向かおうと思っていたら、分厚い雲が吹き寄せて来てアラレが痛いほどに横殴りとなる。周りで弁当を開いていた登山者たちも、早々に片付けて下山準備を始めた。寒い!いや~、これはたまらん。再び身をかがめ、岩陰を縫って下山する。
e0183673_01899.jpg一ノ越まで下って見渡すと、すっかり晴れ渡って秋色に輝く室堂平が眼下に広がっていた。風は相変わらずだが、時折日差しが勝ってありがたい。
飽きるほどの一本道を下って室堂平に帰ってきた。みくりが池を望めるところまで大きく回って、この世の楽園を目に焼き付けてからホテル立山に向かった。
e0183673_02728.jpg

[PR]

by 50SanKai-club | 2014-09-26 00:04 | 山遊び  

2014.09.05 第2回六根清浄・高尾山

e0183673_5284769.jpg

8月は暑すぎたのと下旬からの体調不良で静かに過ごした。まだまだ残暑の気配濃厚だが軽く足慣らしのつもりで高尾山に出かけた。
7月3日の初高尾の時は早朝過ぎた感があったので時間を遅らせて自宅を出たが、今度は思いのほか出勤、通学客が多く驚かされた。
今日は前回の舗装された1号路ではなく、2号路~3号路の山道を通って山頂に向かう。
e0183673_5473885.png
登山口駅からケーブルカー乗り場を過ぎ「2号路」を探すが、道はどんどん登り東京高尾病院まで上がってきた。ここでよいのだろうかと、今風に言えばキョドってしまったが、病院裏手にそれらしき小道を見つけて進む。e0183673_5505771.jpg結構な登りで、息を弾ませながら九十九のシングルトラックを行くと、前に相当なベテランと思しきご婦人が二人。しばらく距離を保って後を行く。お二人は余裕しゃくしゃく。途切れることのない世間話をしながら息も乱さず登って行く。常々思うのだが、実は絶え間ないおしゃべりこそが女性たちのスタミナ源ではないかと思う。e0183673_62404.jpgきっとおしゃべりによって脳内快楽物質が放出され、アドレナリンがドバっと出て高揚感と陶酔のうちに肉体疲労を克服してしまうのではないだろうか?とにかくよくしゃべる。若年であれば流行の話、化粧の裏ワザ、友人の彼氏の評価まで。中年ならば旦那の品評、子育ての苦労に姑の悪口、スーパーの値段比べと情報交換。老年では若い時の苦労話からあの世における各種注文までとあらゆることについてディスカッションと共感の渦を絶やさない・・・。
などと馬鹿げた妄想をしながら、やっと浄心門のある3号路との出合いに到着する。e0183673_618364.jpgところが、前回来てすっかり気に入ってしまった3号路は「スズメバチの巣駆除」のため通行禁止になっていた。
仕方なく参道に上がり、そのまま進んで薬王院境内15箇所をめぐり山頂に至る。開けた眺望をしばらく楽しむ。十分に水分を補給し、朝めしのサンドウィッチを頬張る。朝の車中で食べるつもりだったが、緊張感あふれる通勤通学客の多さに気圧され、結局朝抜きで山頂までやってきたのだ。
さすがに年間登山者数260万人を誇る高尾山。人数も多いが、サンダル履きの観光客からトレッキングスタイル、白装束での信仰登山の人たちとバラエティーに富んだ人々が訪れている。因みに、世界で年間700万人が登山を楽しむそうだが、そのうちの260万人、実に4割近くの登山者の訪れる山なのである。
e0183673_7331714.jpgということはエベレスト(過去16年で7929人平均約500人/年)や富士山(H24年318,565人)よりも多いということだ!(驚)
はてさて、帰路はと思案していると、頂上広場のすぐ下に自然研究路の標識があるではないか。スマホの山と高原地図を見ながら確かめると、3号路と6号路の出合いに当たる地点のようだ。広場から少し下ると間違いないことが確認できた。ただし、5号路とも出合っていて、広場からそのまままっすぐ尾根に入ると稲荷山コースに行くのかもしれない。忠実に標識をたどり下りを選択する。6号路は沢沿いのトラックで、ちょっとわくわくした。ちょうど登りのピークの時間帯なのだろうか、次々と登山者が続く。狭い登山道を譲ったり譲られたりしながら沢に沿って下る。気持のよいルートだ。e0183673_734597.jpg途中、巨大なドバミミズや倒木に密集したりニョッキリと土から生えたキノコなんかもあり、とても東京近郊の、しかも260万人が押し寄せる山とは思えない自然の豊かさだ。途中、起きな声を合わせて登って来る一団と出遭う。修験道の若い行者の列だ。一人が何か唱えると皆で声を合わせて六根清浄と応ずる。信仰の山なのだ。その後も沢沿いの、心なしか少し涼しい道をたどって、やがて琵琶滝を過ぎて舗装路ににでる。川を挟んで朝の出発点、東京高尾病院のところで6号路終了だ。ケーブルカー駅の広場で一休みして家路に着いた。半日で満喫できる高尾山。とても気に入っている。
[PR]

by 50SanKai-club | 2014-09-25 05:24 | 山遊び  

2014 夏 (総集編)

なんとなく過ぎてしまった今年の夏。何だか物足りない感じだなぁ~。

[PR]

by 50SanKai-club | 2014-09-22 16:24 | 海遊び