タグ:まったり ( 4 ) タグの人気記事

 

2016 YBMもやい祭



どうもFacebookやLineで充足してしまって、blogがおろそかになってしまう。
今回は8月13日、YBM・もやい祭当日の様子のダイジェスト。
朝はのんびり釣りに興じ、昼前だというのに飲み始め、夜は「タマヤー」とばかりに花火を愛でる、というテイタラクにして贅沢な週末だった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2016-08-16 19:17 | 海遊び  

2013.10.13-14 穏やかな日は穏やかに過ごす

e0183673_627374.jpg

信州路から戻って、日曜日にマリーナにやってきた。暑くなく寒くなく、まことに穏やかな快晴。これぞ日本の秋といわんばかりに空も高く透きとおっている。
T田船長、S飼船長は昨日からのご逗留。聞くと昨日は小アジの入れ食いだったという。船を乗り換えて以来、一旦片付けてしまった竿に糸を通すことはなかったのだが、「入れ食い」のキーワードに触発され、e0183673_6284983.jpg急きょサビキ仕掛けをこしらえる。自艇のバウから二人の船長の目の前に糸を垂れると、あっという間に小アジが2枚付いてきた!どうも昨日のコマセがまだ忘れられずにこの辺を回っているらしい。
S飼船長は吹き始めた風に乗ってセイリングを楽しみに船を出していった。しばらく話した後T田船長も帰っていき、ひとりサビキ釣りに興じる。群れが回って来る度に2、3枚釣れ飽きさせない。そのうち旅の疲れか、小アジへの執着よりポカポカ陽気のうたた寝への誘惑が勝ってキャビンにもぐり込む。う~ん、気持ちいい~。木漏れ日のように陽の入り込むキャビンでまどろむ。そう、老人は日向が好きなのだ。zzze0183673_6294665.jpg
どのくらいうとうとしていたのだろうか、のろのろと起き上がって這い出て見るとマリーナもずいぶん人が増え、あちらこちらで楽しそうな歓声があがる。10月だと言うのに真夏日が続いたりして、確かに陽気がおかしいのだが、親しい仲間や家族で船に集まるには絶好の日和だ。S飼船長もセイリングから戻りいつの間にか竿を振っている。つられて自分も小アジと遊ぶ。午前中同様ポツポツと釣れる。もう止めようかと思うとまた釣れる。そのうち夕マズメと思える時間帯に入ったのだろう、わずかな間にポンポンとあがる。小さいものは逃がすが大きさもまちまちだ。e0183673_6304665.jpg幾分手返しも鷹揚になって、惜しいサイズまで何枚か逃がしてしまった。いずれにしても南蛮漬けサイズだなと思う。サッと揚げて甘酢に漬ける。そういえば南蛮漬けも久しく作ってない。たまにはいいだろう。
今日はご近所のG藤船長も来られたようだ。船のLED化の時にお世話になった船長だ。
「いやー、ご無沙汰でした。今日はお泊りですか?それじゃ今夜はご一緒に。」ということになり、G藤船長艇にS飼船長とお邪魔することになった。船長の船は私と同じYMAHA26Ⅱだが、私の“サミシイ”のSではなく、“エクセレント”ともいえるエクストラのEX仕様でズンとデラックスだ。いつもきれいにしていて気持がいい。なんだか同じスペックなのに広く感じてしまう。いつも船長と一緒に乗られている小学校時代の級友の方も来られ4人で始める。e0183673_632129.jpgおでんとビーフシチュー、と思ったらビーフカレーだったりもして愉快だ。S飼船長は酢豚を作って持って来てくれた。それぞれ持ち寄りだがそれで充分だった。何時頃だろうか、珍しくあまり記憶がないままキャビンに戻る。後片付けの記憶もないがどうしたのだろう?G藤船長、K田さん、ありがとうございました。ご馳走様でした。
三連休が終わるとデカイ台風がやって来ると言うが、今日は静かな海日和だった。
日中は小アジと遊んだりポカポカ日和でうたた寝したり・・・。はじめてのG藤船長艇での宴会も和やかで楽しかった。穏やかな秋の日、ゆったりと時間が過ぎていった一日だった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-10-16 05:25 | 海遊び  

10.04.17-18 雪の後春

e0183673_1516061.jpg
それにしてもまぁよく降る雨だ。しかも氷雨から雪。土曜日朝4時半。土砂降りの雨にスキー気分はゲンナリ。海支度をしているといつの間にか雪になった。神楽辺りはどうなんだろう?再び迷いが頭をもたげる・・・。いやいや待てよ、去年、現場は雪だろうと雨の中をひた走った関越道。神楽もまた土砂降りで、車中みんなでカップラーメンを食べて戻って来たじゃないか。家は都内だがもう雪が積もっている。落ち着いて考えるため最新情報をと探すと「川越~??雪のため通行止め」!?慌てて出なくてよかった!ゆっくり朝風呂で朝寝して昼過ぎにベイサイドマリーナに向かう。e0183673_1640743.jpg海が見えてからあっという間に風は東から東南東に変わっていた。日差しいっぱいで暖かい。今朝の雪騒ぎはいったい何だったのだろうか?長い桟橋を船に向かって歩いて行く。まるで今日は朝から上天気だったかのような穏やかな様子だ。荷物を船に入れてS飼船長に表敬訪問。ニコニコとコーヒーを出して下さった。午前中、嵐の闇の訪問者O田船長が立ち寄ったらしい。私のところにも先日来ウェットスーツ購入のアドバイスを求めてメールが来ていた。嵐の闇からサーチライトが必要だということになり、中古艇ドットコム景山さんの店、船具市場に来たのだという話だ。せっかくなのでO田船長に電話してたわいのない話にしばらく興じてから船に戻った。今日はカメラ遊びもしたくて何台か持ってきている。早速古めかしい二眼レフでパチリ。チェコのメオプタ社、フレクサレットはお気に入りの一台だ。今度はデジイチを持ち出して、夕映えの色合いが際立ち始めたマリーナで遊ぶ。e0183673_16515183.jpgデジタルの利便性は圧倒的だが、フィルムカメラがいい。「写真を撮る」行為としての面白さではやはりフィルムに軍配をあげたい。
今撮って即ブログへというわけにはいかないが、それが不便とは思わない。むしろデジタルだととりあえず撮って・・・とややいい加減な気持ちになってしまうし、それでも後でほとんどどうにでもなってしまうというのも考えれば恐ろしいことではある。それが本当にその時その場所や場面をそのまま切り取ったものなのかというと、いじくりまわした後では何かうそぶいたものに変質してしまっていることもあるからだ。船周りで数枚カメラに収め、キャビンにもぐり込んで転寝を楽しんでいるとI崎船長からの電話で起こされた。これから自宅を出てこちらに向かうとのこと。起きて気がついたが日が傾き始めるとやはり寒い。ストーブに火を入れて買い込んできた食料を確かめながらそろそろ準備だ。やがてS飼、I崎船長も顔を出し宴会に流れ込んでゆく。いつもながら楽しいひと時だ。明日は久しぶりにトローリングの肩慣らしでもするかな・・・・。
[PR]

by 50sankai-club | 2010-04-18 16:54 | 海遊び  

09.10.3 名月や 嗚呼、名月や、名月や。ワォー!

e0183673_4382246.jpg中秋の名月をめでた。先週、I崎船長が今年は秋の長雨がないと言っていたが、聞いていたかのように週明けから秋雨が続き、今日も昼過ぎまで降ったり止んだりだった。マリーナの旗も注意の黄色で今朝船を出したS飼船長も波が立って曳き釣りが思うようにできなかったようだ。それが午後になって風こそ少し上がったものの前線の南下に伴い天候は好転し、夜に入るとめでたく中秋の名月となったのだった。
e0183673_4455534.jpg










今の季節はちょうど暑くも寒くもなくありがたい。今夜はS飼船長と二人、月をめでながら持ち寄りで酒盛りだ。ここのところS飼船長と私は早朝の曳き釣りに出る。結構密かな楽しみとなっている。(笑)今宵の酒盛りも缶ビール数本とワインを1本空けたところでお開きとして、明朝の漁に備える。
ところで、本物のヨットマンたちは釣りには大して興味を持たない。持ったとしてもあくまで旅程の余興なのだ。しかもその場合の「釣り」とは曳き釣りが殆どのようだ。走ることが本業である彼らが船を止めないのは当然だし釣れても余興、釣れなくても余興なのだ。だからヨットマンたちに案外釣り音痴が多い。その道では相当な猛者の方から「今度キス釣り教えてくれ」などと言われてこちらのほうが驚くやら恐縮するやらなどということもある。自分はというともちろん本物のヨットマンではないし、もともと釣りたくてボートに乗っていた者が、ある日突然ヨットの舵を握ったのだからソチラの方にも未練たっぷり・・・。そこが悩みの種なのだ。e0183673_5345841.jpg
何故かというとヨットの場合、この走ることと釣ることの両立を図るのが意外と難しいからだ。私のBlue Waterなどに至ってはバウにアンカーウェルもなく、「ひたすら走る!」というコンセプトを具現化したような舟で、設計者武市氏の「クォータートナー・サイズのボートにできるだけ快適な居住空間と容易な操縦性を持たせると言った条件を第一に踏まえた上で、可能な限りの帆走性能を追求する・・」という意図そのものなのだ。日本製クルーザーの創世記にあってはどれだけ走りにストイックだったのか往時が偲ばれるというものだ。従ってヨットの場合殆どが曳き釣りになる訳で、不埒にも碇を下ろし竿を出しての腰をすえた釣りをしようなどと思ったら相当面倒な作業を伴うことになる。
ヨットの夏、走りの夏(そんなに走れなかったにしてもだ!)が終わり、アイナメの湯豆腐が恋しい季節ともなると何とはなしに切なくなる。ヨットに乗り換えたことに些かの後悔もないが、海彦の欲望が疼き、「ヨット de 釣り」のもどかしさに悶え、中秋の名月に向かって吼えたくなってしまうのだ。 ワォ~~!と。
[PR]

by 50SanKai-club | 2009-10-04 13:34 | 海遊び