タグ:還暦山海倶楽部 ( 5 ) タグの人気記事

 

2013.04.24-28 保田、いいね!

e0183673_20145270.jpg

連休の前半、本当に久しぶりに保田に行って来た。
「みんなで保田に行かない?」と声をかけてくれたのはいつもお世話になっているT田船長。先週のことだ。いよいよ明後日連休突入というタイミングで、気のおけない仲間のS飼、T田、M口船長にメールを入れると最大公約数は27-28日ということになった。
e0183673_20302143.jpg出発の日、早めに出かけ、燃料を買い込んでマリーナに。ポンツーンに着くともうT田船長がいた。実は6時47分には「着いたぞ」とメールが入っていた。前日泊のS飼船長は早くもポンツーンから桟橋に船を移動して磨きをかけている。
出港前の準備ももどかしく、「お先にっ!」と船を出しマリーナ中央に浮かべてフェンダーを上げる。しばらくするとT田船長艇と思しき船が出港してゆく。後に続いて港外に出たが、これは間違いでT田船長ではなかった。e0183673_20314161.jpg仕方なくセイルアップしてボチボチ進み始めるとS飼艇が追って来た。VHFで連絡を取ると、T田船長はM口船長を待って一緒に出るようだとのこと。時計を見ると9時少し前だった。
晴れ渡った海原に朝日がまぶしい。しばらくS飼艇と前後しながら快調に進む。観音崎を目前にT田船長に連絡しようと思ったら当の本人がすぐ横に追いついてきた。早ッ!
M口船長は?と聞くと出港にはもう後30分くらいかかるということのようだった。
e0183673_20324766.jpg観音崎を回ると大きなうねりと南風、それに本船に漁船と海面も穏やかには行かない。叩かれながらの上りだ。金谷のフェリー航路手前から浮島狙いで上がるがどうも具合が悪い。まだ岸寄りを我慢して上っているS飼、T田両艇の方に舵を切る。海鹿島あたりまでじっと我慢。まっすぐ上がってから再度浮島を狙って千葉側に渡る。ジブファーラーが前の船と違い面倒なので、できればタッキングを繰り返さずに渡りたいのだ。この辺はいつでもこんなものだが、今日はまたよく吹く。バウが波頭を切って波しぶきが飛びドジャーを濡らす。S飼、T田両艇はタックを繰り返しながら渡るタイミングをうかがっているようだ。M口艇は近くに追いついて来ているらしいが目視では確認できなかった。一足先に千葉側に渡り切るとチャッピーな波もおさまりうねりこそあるが余裕しゃくしゃくとなった。そのまましばらく進み保田に狙いを定める。実はしばらくぶりなので、海岸線に並ぶ集落群のどちらが保田なのかはっきりしないのだ。プロッタ画面をのぞき込みながら記憶にある番屋の青い屋根を探す。建物の区別が分るところまで来てセイルダウン。
e0183673_20352125.jpg
面倒なのはこれからだ。毎度のことながら保田港前の定置網の切れ目が分り難いからだ。ゆっくりと南下していくが気がつくと船は赤旗の中に捕まっている。引っ掛かりはしないものの気持が悪いので、再度沖目に戻りながら浮島方向に更に下る。もう保田は目の前だというのに・・・。e0183673_2037166.jpgいい加減嫌になってT田船長に現在位置を聞くともう漁港口だという!? 目を凝らすがよくわからない。定置網脇の侵入航路を聞くがこれも要領を得ない。困っているとS飼船長から連絡が来た。幸いS飼艇と思しき船は確認できたので言われるとおり後に続いて無事入港することができた。
いつ来ても保田はいいものだ。ホッとしながら船を着けると、なんと到着一番乗りはM口船長だった!! 我々より小一時間ほど遅れて出港したはずだが・・・・??(笑)
ちょうど昼過ぎで、連休でもなければ昼食組と泊まり組の船が入れ替わるを頃だが、今日はあまり動かない。夕方5時近くまで、ポツポツと入港が続きポンツーンは満杯である。
e0183673_20383430.jpg日中の番屋は陸からの客でごった返し、我われの入る余地はないのがこの頃の常だ。今日は最初からあきらめて、時刻を見計らってオドヤに買い出しに行く。店内には恐らく我われとご同様のと思われる連中も多い。刺身から飲み物、明日の配給朝めしまで買い込んで船に戻る。宴会開始の17時までひと眠り。呼ぶ声に起こされて上がると広いポンツーンの一角にシートとテーブルがすでに準備完了だ。偶然来合わせたS飼艇の前オーナーS木船長も合流して宴の始まりだ。e0183673_20393525.jpgしばらくすると富士山の裾に沈む夕日が美しく西の空を彩る。美しい!やがて賑やかな宴会も冷たい北風が無視できなくなる頃にお開きとなった。
翌朝、朝一で船を出す。風は北北東から北東くらいか。また帰りも上りだ。
観音崎までの狭くタフな海域で本船を気にしながらタックを繰り返したくはないので、今日は最初から観音崎に狙いを定めて機帆走で突っ切る。途中、本船数隻とフェリーに出くわすがやり過ごしながらなんとか観音崎を回る。一旦エンジンを切って帆走に切り替えるが風は依然として北東寄りでタックを強いられる。猿島の真沖辺りから横浜ラウンドタワーめがけぎりぎりに上ってゆく。

ちょっと角度が足りずもう一度沖目にタックしようかと思ったが、面倒なので再び機帆走に直しYBM着10時半か。セイルを仕舞い始めるとすぐM口艇が入って来た。船の片付けが済む頃にはS飼、T田艇も帰着して今回の保田遠足は無事終了した。久しぶりの保田で少々くたびれたが、なにはともあれ楽しい連休の前半になった。シングル操船の自分にとってはあれ以上長い船旅は飽きてしまってしんどい。その意味でも、また、整った環境と施設といった点においても保田はやっぱりいいなぁと思う。今回ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。また行きましょうね!

今回も皆さんに写真のご提供をいただきました。ありがとうございます。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-04-30 20:42 | 海遊び  

2013.04.20 大天使 聖T田船長 & 聖M口船長

e0183673_5584782.jpg

荒天承知でYBMに向かう。今日は頼んできたメインセイルが届いているはずだからだ。セイルの新調は同型艇の先輩P&G艇のT中船長のお誘いだった。いつもお願いしている前田セイルさんではないので、不安と多少の躊躇を憶えたが、破格の値段につられてT中船長に相乗りさせてもらったのだ。
それにしても寒い。気温10℃、風速約8m。Houseで預かっていただいていたセイルを船に運び、荷を解き始めるとP&G艇のT田船長もNewSailを持ってやって来た。今のセイルを外し新しいものと交換するのだが、どうやら注文先のマクダイアミッド・セイルスのほうで梱包を間違えたらしく、T中船長艇のものと交換。外したセイルを予備としてたたみ、NewSailを装着した。ところがP&G艇と殆ど同時に“?”の声。新調セイルの大きな売りである車輪付きのスライダーが、マストスリーブは当然問題なく通るのだが、グルーブをふさぐプレートと干渉してつっかえてしまうのだ。一旦グルーブを閉じてしまうとそれより上のスライダーは下に降りず、下のは上がらない。おまけに私の場合、ブームからグルーブまでの高さがあって、そこまでのスライダーを車輪のないものに変更するとしたら、15個中11個交換しなければならない勘定で、それでは折角の品も台無しだ。
予報より早く降り出した雨の中、もう一度セイルを仕舞いキャビンで悩む。スライダーの交換かプレートの自作かそれが問題だ。途中来たT田船長はプレートをステンレス製の薄いものに変えて自作したらと勧めてくれるが決心がつかない。すっかり意気消沈していると、再びT田船長がサンダーないの?と聞く。今日はこんなはずではなかったので電動モノは持って来ていないと告げると「あっそう。」といって引き返して行った。いくらスーパーマリンサービスT田船長でもこの難問は解決不可能だろうと諦め気分になり始めていると、「あった、あった。M口船長がグラインダーを持っていた。早くプレートかしてごらん。」と使いこんだ作業手袋をして乗り込んできた。T田船長がこの手袋をはめたときは奇跡が起こる時なのだ。
本降りとなる中、2枚のグルーブふさぎのプレートをひっくり返しとっくり返しグラインダーで磨く。厚みのあったアルミプレートはみるみるナイフのように薄く鋭く形を変えて生まれ変わってゆく。
この辺でというところでM口船長にも手伝ってもらって実際にスライダーをマストスリーブに通して、グルーブを加工したプレートでふさぎ滑り具合を見て見ることにした。ボルトも小ナベからサラに変えてプレートにも座繰りを削ってのトライだ。
何度か試行錯誤しながら、最後にはプレートの上下の先端部分の形状も大きく変更して繰り返す。そのうちにまがりなりにも上下開通!あとはプレートはそのままに、グラインダーをデッキに持ちこんでの作業。具合を見ながら干渉する部分を削り込んでいく。
どのくらい経ったか?多少の抵抗はあるものの見事に上下開通!すっかり諦めかけていた私は思わず不可能を可能にするT田船長の顔をまじまじと見入ってしまった。
せっかくなので着けちゃいましょうというM口船長の音頭でバリバリと気持のよい音のする新しいセイルを取りつけて奇跡の作業完了。その後、暖かいM口船長艇のキャビンで挽きたてのコーヒーをご馳走になった。美味い!暖かい!ありがたい!
T田船長のトライしてみる行動力と卓越した技術に脱帽、M口船長の親切に感謝の一日だった。

[PR]

by 50SanKai-club | 2013-04-22 06:00 | 海遊び  

2013.03.23-24 さくら咲きました

e0183673_741774.jpg

先週の何曜日かに、お茶の水へ向かう中央線の車窓から、外堀通り側の土手に桜が咲いているのが見えた。へぇー、今年は馬鹿っぱやく咲いたもんだ・・・。その後、また寒かったり暑かったり。梅の花などは咲いたかと思ったら楽しむいとまなく春の嵐で吹き飛ばされてしまった。そして今度はPON!と桜が咲いた感じだ。
週末の天気は土曜日が○、日曜が△というので、久しぶりに井の頭公園に桜を見に行くことにした。
e0183673_752538.jpg

昼前だというのに公園は多くの花見客でごった返している。先に食事と思ったがほんのわずか開店時間に届かない。園内を少し散策し、写真を撮ってからもう一度昼食どころを探しに戻ることにする。大学時代からあったやきとり伊勢屋・公園口は建て替えのため今はない。どこか近くでと見回すが、列ができているような小洒落た店はどうせ味より名前とフンイキという腹の足しにならないものしか出てこない。公園口いせやの面影を探すように目をやると「磯丸水産」の看板。海鮮居酒屋だった。ちょっとのぞくとトロ箱を打ちつけたような机に壁中のお品書き。e0183673_792767.jpg雑然とした番屋風の趣向が気に入り暖簾をくぐる。にぎり・お任せ10カンを頼むが、開けたてで少し時間がかかるというので山かけ丼にする。ほー、ちゃんとトロだ。しかも解凍モノでもないので旨い。これで六百五十両じゃ安い・・・などとひとり心地。今度は飲みに来たいものだ。
込み始めた店内を出て再び公園に引き返す。更に人間が増量された園内を、今度はゆっくり散策する。大きな池には無数のボートが浮かびオールの音と楽しげな笑い声が水面に広がる。その池に満開の桜が競って枝を伸ばしている。春爛漫を満喫し公園を後にした。
e0183673_7101028.jpg

YBMに着いた。寒いほどではないが空はどんよりしている。今日は先送りにしてきた安全ネットを張ろうとやって来たのだ。まずは後方のコックピット部分のトーレールにドリルで穴を開けなければならない。バウからキャビン脇までは楕円の穴があいているのだが、コックピットからスタンにかけてはそれがないからだ。右舷、左舷のバウからスタンまでネットを張るつもりだ。ドリルがデカイのとポンツーンからはみ出して海上にあるため、桟橋に降りての作業ができずひどく煩わしい。慎重にやったつもりだが、それでもうっかりデッキに何箇所かキズをつけてしまった。次に取り付けにかかる。こんな作業は簡単なものだと思っていたが、すでに固定してしまっているライフラインにとなるとそうはいかなかった。3~4mmの細引きをネットの網目一つひとつに通しながらライフラインに巻きつけなければならないからだ。洗濯バサミで概ねの仮止めをして、左舷バウから張っていく。デッキの上で窮屈にかがみながらの作業は形状記憶老人にはキツイ!効率よくと細引きを束ねると太くなりすぎて網目を通らない。e0183673_712342.jpg基本的に20m弱の細引きを一目ずつ通しては引き抜くという繰り返しになる。それにライフラインに巻きつけるため、丹念にキンクを解消してゆかないとすぐにコブができてしまうのだ。揺れる船上でじっと網目に目を凝らし続けるせいか、目の方も焦点の合わせられないオートフォーカス状態だ。まだ片側の4分の1も終わっていない。ヤバイ!と暗い気持ちになっているところにS飼船長が助っ人に来てくださった。大恐縮する私に快く手を差し伸べてくれた。その後M口船長まで手伝っていただいて午後遅くやっと終了。やれやれ疲労困憊。
外は結構寒くなったがキャビンにもぐり込んで小さなストーブを付けるとすぐに外套を脱げるほどに温まった。夜はS飼船長と二人でイッパイやりながらの食事となる。来る時に近くのヨブンイレブンで食料を調達するのが習慣となっているので大したものはないが、ここのところ、そのコンビニにチリのConcha y Toroが置いてあるのが嬉しい。置いてあれば必ずGetだ。ビールもそこそこにワインに手を伸ばしたが、半分も飲んだ頃にはすっかりアルコールが回ってしまった。デッキで風に吹かれ寒さに縮まっていた身体が程よく温まったせいだろう。気持よく緩んでいくのを感じながら眠りに着いた。

<番外編>
e0183673_10504076.jpg日曜日、くたくたになって帰宅すると宮城県石巻は狐崎水産6次化販売から岬焼き牡蠣産直セットが届いた。ここは私がかねてから提唱している農林水産業の共同経営化に取り組んでいるところでもある。その契機は言うまでもなく痛ましい大震災ではあったのだが、是非頑張ってもらいたい。
四角い缶カンに金網が敷かれ牡蠣が15個と軍手、殻むきナイフが入っている。このまま水を注いで火にかければ8~9分で蒸しあがるというものだ。さっそく夕食に供する。数分で懐かしいような磯の香りが立ち始め、蒸しあがった牡蠣はプリプリ。しかもどれも大ぶりで食べ応え十分だった。e0183673_1163683.jpg
牡蠣といえば冬が旬と思いがちだが、春牡蠣のほうが身が詰まってうまい!まさにこれからが旬なのだ。

私にもできるおいしい復興支援だ。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-03-26 05:02 | 海遊び  

2013.03.16-17 春スキーとハーバーフレンズ

e0183673_14264613.jpg

今シーズンはファミリースキーがもっぱらとなった。
たまには行ってみたことのないスキー場にと探して、水上高原スキーリゾートに行ってみた。立派なホテルとゲレンデが一緒になったこのスキー場は思ったよりずっと広く、春らしい上天気にも恵まれて清々しいゲレンデスキーを楽しむことができた。
コースは中級、上級は結構ビビる箇所もあり、朝一は初中級交じりのロングコースでじっくり足慣らしして、ガリガリの雪面が春の日差しに緩んだ頃に挑戦!

ところがどっこい、どこも結構な急斜面脇には必ずエスケープ用の九十九折れ林道が用意されていて、これが結構コースを狭めていて滑りづらい。自分の実力では思い切ってフォールラインまっしぐらと行く訳にはいかないし、グズグズしてると脇の九十九道に行き当たってしまう。とにかく手こずってしまった。
ちょっと奥山田温泉スキー場に似たような解放感と豊富なコース脇の林が魅力的で、あまり「滑走禁止」の柵や立札もないので新雪・深雪の頃に来れば面白そうだなと思った。
たっぷり楽しんで、帰路もストレスなく帰宅。
後片付けもチャッチャと済ませ、一休みしてからマリーナに向かう。
今度は普段の倍、ガッチリ2時間以上もかかってやっとこ到着。今日はデッキにネットを張るか、ギャレーのフットポンプを交換しようかと思ってはいたものの、スキーと5時間余の運転でさすがに少々疲れを感じ取りやめ。その代わり、急きょ新調することにしたメインセイルの寸法取を済ませることにした。普通このY-26ⅡSのメインは、マストのブラックテープとブームのテープまでが10m50cmなのだそうだ。しかし、私のはドジャーを設置したため、これと抵触しては困るのだ。レースに出る訳でもないので迷わずやや小ぶりに作ってもらう予定だ。因みにテープ to テープは10m32cm。素人寸法だが、測った通りにいえばその数字になる。e0183673_14303450.jpg
格安メインセイルの話は、P&GのT中船長が持って来てくれた。ボートショウを見に行ったら出店していたセイル屋さんが9万弱でということらしい。船長の愛艇P&GもY-26Ⅱなのだ。ちょうど、予備セイルをリカットしてメインに昇格させては見たものの、やはりボワンとして気になっていたところにこの話で、どうせ遅かれ早かれ替えるのなら・・・・と一緒にのせていただいたのだ。Y-26Ⅱのセイルはデカイ。そこでT中船長はリーフポイントを1.5ポン、2.5ポンで発注するという。なるほど、確かにY-26Ⅱのセイルの1ポンは縮帆と言えないほどだし、2ポンも?マーク。それならと3ポンも開けてもらったのだが、今度は漁船のスパンカ並と、「帯に短したすきに長し」なのだ。そこでこのアイディアも相乗りさせていただいた。
寸法取りが終わるとやることもなく、すっかり春めいた午後をのんびりと過ごした。そのころには最近ルボンで復活したM口船長もセイリングから帰って来ていて、夕餉はS飼、M口両船長と3人ですることにした。今年はみんなでどこかに行きたいねなどと楽しいプランを並べ、久しぶりにマリーナでのくつろいだ一夜となった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-03-17 14:31 | 山海複合  

2013.01.12~14 天国と地獄の三連休

e0183673_17473479.jpg

退職にまつわる宴会、忘年会と年末がパタパタ過ぎ、29,30を日光ですごして正月は静かに迎えることができた。新春最初の週末は、社会人として一応一回り終えたこともあり、大学の恩師、宇野重明先生を同輩とお訪ねした。師は数少ない私の頭の上がらない恩師である。
e0183673_17492294.jpg4日には仕事始め、8日には社の新年会と角松が取れるといつもの日常が戻って来る。12日からの三連休を楽しみに1週間を過ごし、珍しく好天の連休第一日目、マリーナに向かった。持参した荷物の整理も後回しにして出港準備。
実は今年最初の船出は先週の5日(土)だったが、その時はバッテリーをオンにした途端ビルジポンプが回り出し、来合わせたS飼船長に助けていただいて応急修理してからの出港だった。原因はビルジポンプのセンサー部分の腐食でオン状態のまま錆ついていたのだ。しかし、元々セイルドライブで、譲り受けたときから船は完全にドライだったのでビルジのスウィッチなどは触っていないのだが・・・・?と不思議でならない。e0183673_17502598.jpg
今日は大丈夫だろうかと思いつつイグニッションを回すと快調な始動にほっとした。ポンツーンを離れ港内中央に出ると、どこかで見たようなルボンが、やはり出港準備をしている。目を凝らすまでもなくそれがO田船長の愛艇だと分ったので声をかける。最初きょとんとしていたが、向こうも私だと分って、お互いに手を振り合い接近した。聞くと、長いドック作業も終わりこれからホームポートに帰港するのだという。途中まで見送るよと言うと、いっそのこと宮川まで来たらと軽口が返って来た。
e0183673_17574617.jpg彼もエンジンを2YMに載せ替えたのだ。八景の辺りまで機走で並走し、互いにフルスロットルにしてみたりして走り比べを楽しんだ。住友重工のドックを過ぎる頃に別れを告げて舳先を戻し帆走にきりかえるが、風は弱々しく定まらない。仕方なく機走に戻し魚探を見ながら流すことにした。魚探に映る魚影はたくさんあるのだが、棚が違うのか、魚種が違うのか、それよりやはり腕が悪いのか、アタリはさっぱりない。昼近くなり、腹も減って来たのでマリーナに戻ることにした。それにしても今日は良い天気で日差が暖かい。e0183673_17585242.jpgのんびりとマリーナに近づき、セイルダウンしようかという時に電話がかかって来た。出るとT田船長だ。今どこ?と尋ねると9時の方向と言う。逆光に目を細めると案外近くにT田船長がいた。T田艇も長らく機関の不調で点検を余儀なくされていたのだが、今日はセイル干しに出てきたとおっしゃる。セイルダウンは後にしてT田艇の方に舳先を向けた。
今までの機関不調がウソのような走りだ。互いに写真を撮りながらしばらく遊んでマリーナに戻った。
One,Tow Finish?で戻って来ると、懐かしいM口船長の顔が見えた。船を処分して1年間離れていたのだ。e0183673_17595087.jpg今度はルボンを手に入れて戻って来た。拝見させてもらうととてもきれいなルボン。ワンオーナーで大切に乗っていた船だという。素晴らしくコストパフォーマンスの良い買い物だと思う。以前のマイ・レディーもセンス良く乗っていたM船長と出合えて、このルボンも幸せだと思う。これから初出港してそのままヤードに上げるという。
午後は急に西が吹き上がり天気晴朗なれど風強しとなる。O田船長は大丈夫だろうか?夕方T田船長と買い出しに出かけ、夜は二人酒。(笑)
翌日曜。今日もいい天気だ。予報では三連休最後の月曜は太平洋南岸を低気圧通過で大荒れと言っているが、にわかに信じがたいほどの上天気だ。
T田船長とゆっくり朝食をとって、G藤船長やS飼船長と入れ違いに帰路に着いた。
夜半には雲に覆われるが風も穏やかで、連休三日目はスキーに行くことにして休んだ。朝起きると雨であったが、現場は雪だろうと家を後にする。今日は八千穂にでも行こう。ちょうど雪なら抜群のパウダーが降るはずだ。
案の定雨は雪に変わり、スキー場近くでは車のアイサイトがダウンするほどの降雪だ。去年来、この八千穂にはよく来る。雪が良いのだ。午前中ひたすら滑り、帰りの混雑を見込んで早めに退散する。佐久市街を抜け、上信越道に向かうが、ナビが通行止めの情報をキャッチした。疑心暗鬼になりながらもICに向かうが入口で松井田・妙義山まで通行止めだ追い返される。これが地獄の始まりだった。
ノロノロと、延々と続く車列。ひたすら我慢の17号線で入山峠に差し掛かると、大型トラックがいたるところで立ち往生している。そのうちパトカーはもちろん消防車やら救急車やらがこちらに向かってくるし、レスキュー隊員までが徒歩で駆け上がっていくヤバい状況となった。e0183673_1804383.jpg軽井沢をやっと過ぎ、松井田・妙義山に着くまでに数時間を要した。やれやれと上信越道を走りだした途端、目に飛び込んできたのは関越自動車道、本庄・児玉~練馬閉鎖の文字!
太陽に吠えろの誰かではないが、なっじゃぁ、こりゃー!である。首都高閉鎖はまだしも、雪国をまたぐ高速がいとも簡単に閉鎖とはなんという脆弱さ!
嘆きながらも藤岡で高速を降り、再び17号線死の行進。大宮バイパスなどは2mずつしか進まず叫ぶ元気もうせてしまった。記憶とナビを駆使して雪に閉ざされた住宅街を疾駆して、ようやく自宅に着いた時には15日の午前2時を回っていた。早朝4時半に家を出て、約3時間の往路、同じく3時間程度の練習、そして約14時間の帰路。
私の満61歳は、こうして始まったのだった。
[PR]

by 50SanKai-club | 2013-01-20 18:02 | 山海複合