10.02.20 見つけたかも!Home B.C. Field

e0183673_1719284.jpg
最近Telemark Skiを始めたMrs.T岡さんの修業も兼ね、naoさんとBCにいって来た。私の今季初BCだ。場所は湯の丸。標高は高いし内陸なので雪質は良い。私の好きな明るいスキー場で、修業にはおあつらえ向きな中斜面がメインなので好都合なのだ。更にお手軽BCとして湯の丸山に登るもよし、反対側の池の平に行くもよしというありがたい場所である。e0183673_17405823.jpg今日はnaoさんが池の平が気になっていたというのでMrs.岡さんに稽古をつけ、自習をお願いしている間に行ってこようというわけだ。池の平は噴火口跡?と思われるが、お釜の底に鏡池を配した湿原で景観の素晴らしいところだ。と言っても、実は今回行くまで詳しくは知らなかった。
2006年4月に一人で来たことがあるのだが、霧も出てやたらと立込んだカラマツ林を登って雪の痩せた斜面をそそくさと滑りこみ、再び林の中を登り返してスキー場まで戻ってきたという印象しか記憶にない。今回はその立込んだ林は避け、できるだけ林道を使って行こうと決めていた。それにまだ2月、多少新雪も降ったようだし何より快晴・無風で絶好のコンディションだ。明るく空の抜けた林道歩きも良いものである。e0183673_1742193.jpgGPSにセットしてきたポイントを追って、naoさんとのんびり話しながら林道をゆく。徐々にスキー場の喧騒が遠くなっていく。新雪にリセットされた山の斜面とツンツンととがったカラマツのシルエット、そしてどこまでも青い空が美しい。ときどき降りて来たものなのか登りのショーカットなのか林の中からトレースが現れる。e0183673_17452483.jpgウェイポイントとトレースの場所を一応確認しながら林道を詰めていくと観光シーズンに湿原を見に来る人たちのためなのか、立派な駐車場やらレストハウスのようなものまであるではないか。前回来た時はこのすぐ近くを登り返して戻ったはずなのだが、まったく気がつかなかった。湿原見物に来る人たちはたぶんここからお釜の底、つまり湿原へと降りてゆくのだろうと思う。
e0183673_17201123.jpg
全景が見渡せる位置まで進んで眺めると右手のちょうど半月形をしたお釜の淵の中央部に濃い林の帯があり、そのすっと向こうに開けた大きなバーンがある。naoさんに言われて目を凝らすと3,4人が登り返したりしているのが見える。きっとそこが池の平一番のハイライトなのだろう。もう少し早く着くか距離が近ければ是非行ってみたいところだ。次回は絶対あそこ目指してだなと思う。お釜の底は一面の大雪原で左手に目をやると、淵の切れた先、はるか下方へとこぼれるように視野は広がり、どこだろう、遠く町の様子まで見て取れる。e0183673_17433357.jpg
私たちもお釜の淵沿いに一番高いところまで登って滑りこめる開けたバーンがないか探したが下はカラマツが濃い。それでもレストハウス方向に戻りながらお釜の底まで滑りこむ。下にガリっと氷化した雪があるらしいが、その上に乾いた新雪が程よく積もって快適だ。それに何よりノートラックのツリーランは気分がいい。この辺をベースにお釜のあちこちを滑るのも楽しいだろうと想像する。夜は大天空の星を眺めながら一杯やって、陽が昇ればのんびりビールをザックにお釜を登っては滑る、な~んてねっ!今度来るときはもしかするとテントもありかな!
[PR]

by 50sankai-club | 2010-02-21 17:47 | 山遊び  

<< 10.02.27-28 春の鬼門 10.02.06 綱の上の雲 ... >>