2011.11.12-13 青モノ回る

e0183673_3515039.jpg

先週、「オジーさんは山へ柴刈りに」ならぬ山芋を採りに行っていると、S飼船長から写真付きで、「釣れすぎて困ります」というメールが送られてきました。見ると、もうイナダと言って差し支えなさそうななものを含めゴロゴロと写った写真。更によく見るとカンパチまで混じっているのです。これはもう大変だ!と今週は割と早くからマリーナにやって来たわけです。e0183673_3523671.jpg準備ももどかしく、早速噂のS飼船長と出ようかと思いきや、何やら人待ち顔。伺うと今日はご家族とご一緒とのこと。隣のT田船長もこられたのですが、午後から所用というので取り敢えず一人で船出して、ワクワクドキドキしながら引張ってみました。潜行板に親子サルカンでタナに厚みを出し、漁獲高UPを試みたのですが、なんとかワカシが1本。来たのは潜行板の水牛角だけでした。取り込みで絡んだのか、絡んだまま曳いていたのか、折角のエダスは幹糸に引っ付いてしまってました。改善の余地ありです。昼近くまで頑張ってみたのですが、潮も動かなくなったので沖上がり。e0183673_3533741.jpg戻って後片付けをしているとS飼船長からお昼に呼ばれ、ご家族と一緒に美味しい寄せ鍋をご馳走になりました。やり残したこともあるし、長居してもなんですので、お礼を言って船に戻ると、S飼船長の釣果の写真に魅せられて、匂いを嗅ぎ付けたサメのようにO田船長が三浦の先っちょからこちらに向かっているとの連絡が入りました。サメのようにとは失礼な言い方かもしれませんが、カンパチが回ってるなら釣ってみたいと遠路はるばる漕ぎい出てくる訳で、釣り人誰しもそんなところがあるものです。到着は16時30分頃とのことでした。久しぶりのピーカン、下心みなぎらせて出漁したせいか、すっかり疲れてしばし転寝。そのうち午後のクルージングから戻ったS飼船長が「ちょっと手伝って」と言うので伺うと、みんなで出たらまた釣れっちゃったとのこと。e0183673_3545146.jpgありゃ~、と包丁さげて向かうと今度はイナダゴロゴロ+肘叩きサイズのアジ。まぁ、なんというか、魚のほうがS飼船長のあとを追いかけてるのでは?と思わずにはいられない光景です。今夜の刺身分を除いて、後はご家族のお持ち帰りだというので、取りあえず三枚におろして皮を曳き、「アジは半身を刺身で、残りはタタキかナメローがいいです」などと、自分の食べたいメニューまで押しつけて差し上げちゃいました。なんだかギャラリーが多くて緊張の作業でしたが、包丁の切れ味に助けられ無事終了。そうそう、一度帰られた隣のT田船長も用事がすんだと戻って来て、やがて5時を回る頃、遠路はるばるのO田船長が来航。秋の陽はなんとかと申しますが、すでにマスト灯がともる時刻でした。やーやー、よーよーと時候の挨拶も済ませ、買い出しも面倒なので、S飼船長の刺身をメインに宴会突入。魚の話、船の話といつもながら話は尽きませんが、酒の切れ目が宴の切れ目。それぞれ船に戻ってぐっすりと休みました。e0183673_3554514.jpg
翌朝早く、釣りながら帰るというO田船長をT田船長と見送りました。T田船長はおにぎりを作ってO田船長に。優しいなぁ、T田船長は。自分も帰るというT田船長から私たちもおにぎりを頂いて、いざ出漁。S飼船長と2艇で勇躍港を後にしました。今朝は今季の竿頭、S飼船長下賜のジョーシューヤのピンクヅノを引っ提げての出漁です。何しろこのピンクは驚異的な釣果を実証しているので、これで釣れなきゃ腕の差か!と悲壮な覚悟。師は思ったよりずっと沖目。私は岸ベタ。まだ底引きが入ってない小柴沖までが狙いです。出てすぐ、師の艇速が緩んだように見え、早くも釣果があったかと思われましたが、聞きたい気持ちをぐっと抑えてわが道を。思わず“My Way”を口ずさみそう。両舷からはアウトリガーも勇ましく、水きりヒコーキにピンク系の9cmツノ。スタン中央からは手返しを考えて、単純な潜行板仕掛けにS飼船長下賜のジョーシューヤのピンクヅノ。つまりは上も下もピンク一色。極端なんですね、私。そして単純。海中は桜吹雪の舞う如し!?
e0183673_401846.jpgまぁ、とにかく30分も曳いたかと思われたころ、待望のHit!!。鮮やかに潜行板が海上に浮きあがり、手繰る先には銀鱗の獲物!やった~イナダだぁ。いそいそ取り込んで魚と見つめあってると、また潜行板がす~ぅっと。ひゃ~、ゼッコーチョウ。さっきまでの不安と緊張感はどこへやら。げんきんだなぁと反省しつつなみだ目。ハシタナイことです。しつこーくその辺を狙って行きつ戻りつして、1本をばらしたものの、3本をものにできました。S飼船長、当たりツノありがとうございました。今週は絶好の好天に恵まれ、遠路の友人やS飼Familyにもお会いでき、更に今季の不振を払拭する釣果に喜び、充実した週末でした。

e0183673_42421.jpg

その日の晩ご飯・・・もちろん刺身とアラ汁。身の詰まったカシラは最高でした!

S飼、T田船長から写真の一部を提供していただきました。ありがとうございます
[PR]

by 50SanKai-club | 2011-11-23 04:12 | 海遊び  

<< 2011.12.10 赤い月 2011.11.05-06 掘... >>