2011.12.17-18 もうすぐクリスマス

e0183673_347666.jpg
 
恒例の船底作業の季節がやってきた。今年はまことに天気に恵まれた。
上架の朝、少々寝坊して自宅を出たのは7時過ぎ。8時13分にマリーナに着くと、9時のアサイチで上げる予定のW井船長の船がない!? e0183673_3531081.jpg次の9時半、二番手が私なのだ。電話を入れると昨夜のうちにヤード近くの桟橋に移動したとのこと。急ぎ準備を整えて船を出す。何かと一緒の方が仕事がはかどるのでOne,Twoで上げてもうらおうという算段なのだ。W井船長のを吊り上げるときに「2艇一緒に作業するんですぐ次にお願いできませんか?」と叫ぶと、上下架のスタッフは時間通りにというようなことを言いはしたものの、W井船長のが済むと間もなく私のも上げてくれた。毎年のことだが、この時期ヤードは結構な混雑。船は洗浄機に近い場所に並んで置かれた。私のは隣のT田船長が潜ったとき、ついでに貝取りしてくれたり、青モノ追い回して始終出していたのでそれほどひどくなかったが、W井船長は8月の三宅島以来、仕事の都合で来られなかったので、海洋生物の付き方が半端ではない。本人曰く「うぉー、バッファローみたいだ!」なのである。
e0183673_3534175.jpg手作業でそれらを落としてから高圧洗浄機をかける。一人が借りて二人で使っても充分間に合うから経済的だ。それが済むと洗浄場所から船を移してもらって、次は船体が乾くのを待ってから船底塗料の塗装だ。去年は一人だったが、準備万端。サンダーやドリルなども用意して臨んだのたが、今年はその辺が抜けてしまっていた。幸い、W井船長がばっちりカバーしてくれたので大助かりだった。e0183673_358082.jpgさして修理などはないのだが、駆動部、シャフトやプロペラのコーティングを落とすときなどは、道具のあるなしが大きな差となる。9時過ぎから作業に入り、陽が傾くころまでがんばって、船底を塗り終え、駆動部のコーティングも一回目の塗装を終了することができた。日頃は「一日は長く、一年は早い」と感じるのだが、今日は一日が早く、アッという間に過ぎてしまったようだ。W井船長と二人、ヤードを出てアウトレットのボードウォークをe0183673_3584093.jpgイーストに向かう。マリーナもアウトレットも、まだ師走の慌ただしさはなく、なんとなくゆったりとしているが、早くもクリスマス一色のムードだ。今夜はS飼船長艇に泊めてもらう予定だ。W井船長は自前のモーターホーム泊。荷物を置いてシャワーを浴びる。一瞬疲れも飛んで生き返るようだ。外はちょうどトワイライトタイム。夕焼けがとてもきれいだ。さっぱりして戻る途中、今しがた昼からの宴会を終えたばかりのT田船長、I崎船長に出会う。半熟状態のお二人もよろよろと一緒にS飼艇に向かい、みんなで宴会となった。e0183673_401453.jpg
今夜はさすがに酔いが早い。明日も作業、21時過ぎにお開きにして、居心地の良いS飼艇で休ませてもらった。
翌朝も無風・快晴!今日はS飼船長艇がアサイチで船底作業のため上架する。今月は偶然、T田、I崎が木、金曜日。私、W井が土、日曜日。そしてS飼船長が日曜からという日程になっていた。朝食後、T田、I崎船長とは桟橋で別れ、私とW井船長を乗せたS飼艇がドックヤードに向かった。
予定では今日もう一度船底を上塗りするところだが、あまりのうららかさに取りやめることにした。e0183673_41416.jpgどうせ海洋生物たちは、船が水に漬かった途端から、1日24時間、1年365日絶え間なく船底に付着すしようと不断の攻撃をしてくるのだ。だから今日もう一度塗るより、よく船を動かすほうがずっと予防効果があるはずだ。勝手にそう納得して下架時刻を思い切り早め、気持ちのよい小春日和の家路に着いた。
[PR]

by 50SanKai-club | 2011-12-21 04:00 | 海遊び  

<< 2012.04.07 すってん... 2011.12.10 赤い月 >>