2012.08.04-05 引越し中 Part4 突然の超 Happy End !

e0183673_1558406.jpg

2007年9月から翌年に渡るBlueWaterのレストアの時も、一体いつ終わるのだろうかと考え込んでしまったことがあったが、今回も似たような思いに駆られることがある。先週、ようやく「引越し」から「設備拡充」?に移行したが、外注しているスタンパルピットの修理の進展はないし、ライフラインはところどころ腐って危ない。ビミニトップは梱包も解かないままクォーターバースを占拠し、GPSも、一応は持ってきたが、アンテナや電源配線のためにコネクタサイズどおりのデカイ穴をデッキかハルに穿つか否か決めかねている。
マリーナに着いて荷物を船にいれ、シャワーから戻ってきたS飼船長の船にお邪魔する。ところてんをご馳走になった。さっぱりとして美味い。船に戻って2基積まれているバッテリーのメイン、サブを特定し、先週の配線が間違っていないことを確認した。
e0183673_1603814.jpg今日は東寄りの風で、雲は出やすいもののだいぶ涼しい。それでもキャビン内は午前7時現在、気温28度、湿度80%で快適とは言えない。さて、次は何をやるかと考えていると、「ライフライン持ってきたよ!」と外でT田船長の声がする。本来なら今日は外注したスタンパルピットのクラック修理が出来上がっていてライフライン交換にはぴったりのタイミングなのだが、まぁ、ラインだけ先に交換という手順でも構わないだろう。早速作業開始。この作業だけはすでに何艇も手がけているし、T田船長の万全の道具立てもあって早い。1時間ほどで交換完了だ。まだ先だと思っていたが、今日交換できてよかった!と一息ついていると、「あとは?」とT田船長。一瞬どういうことか戸惑ったが、「できればビミニトップをつけたいんだけど・・・」。人間、窮すると図々しいものである。
そこに朝寝を済ませた?S飼船長も来て手伝ってくれる。なんだか元気が湧いてきた。ってお前がど真ん中に立って作業すんだろうが!と思うのだが、e0183673_1624899.jpg実際作業が始まるとT田、S飼両船長の邪魔にならないように端に寄ってしまう。セコイわけではない。ただ、足手まといなのだ。車に忘れたコーキング剤を取りに行って戻ると、自分一人では夏が終わっても設置できてないような気がしていたビミニトップがもうデッキに立っている!すげぇ~。本来モーターボート用のビミニだけに、問題がないわけではない。バックステーの処理、メインシートトラベラーの移動など、結構セイリング自体に関係のある部分がこの日除け設置に伴って問題となる。経験不足の自分だけではとても正解と確信できる決断を下せそうにもなかったが、両船長がいれば百人力だ。これはこうして、あれをああすれば云々と、たちどころに妙案を得られる。それら若干の変更を要する作業は後日に残して、ビミニの設置自体は信じられないくらい早く終わってしまった。
e0183673_1641844.jpgいや~、今日はライフラインの交換だけでも予想外の前進だったのに、念願のビミニまで終わっちゃって感謝、感謝だなぁとタバコに火をつけていると、「また一服だもんな~、あと付けるものないの?」とT田船長。え、まだいいの・・・かな?それがあと一つGPSが・・・と私。図々しさに歯止めが効かない!というより、今日を逃したらという強い不安に突き動かされてお願いしてみた。
「ったく、まだあんのぉ?」と言いながら顔は笑顔だ。早速、差し出した外付けアンテナの取り付け位置を検討し始めてくれた。途中スコール中断を挟んで18時近くまで作業は続き、悲願のGPS設置が完成!電源やアンテナ配線の作業などを見ていると到底私には無理な話で、船全般にわたる知識、経験、機転、決断の速さと確かな技術がなければこうはいくまいと思う。文字通り朝から晩まで、しかも昼食も取らず一瀉千里に仕上げていただき、本当にありがとうございました!
安全・安心のためには必須のライフライン交換、念願のビミニトップ設置、そして悲願のGPSと、お陰様で、なんとか夏が終わる前に船を出せそうです。
[PR]

by 50SanKai-club | 2012-08-06 04:52 | 海遊び  

<< 2012.08.11 カスタマ... 2012.07.27-29 引... >>