人気ブログランキング |

タグ:もやい祭 ( 2 ) タグの人気記事

 

2011.08.13 盛夏を告げるもやい祭

e0183673_434267.jpg

夜は熱帯夜、朝は陽の昇る前から蒸むしとする日が続いている。先週、宮川でM田船長艇に乗せていただいた時の爽快な余韻が残っているのか、船を出したくてマリーナに向かった。それに今日は長津呂に来られなかったW井船長も顔を出すと言ってよこしているし、マリーナの夏祭りでもあるので、セイリングの後は来た連中で楽しめばいい。船に着いて荷物を整理しているとS飼船長が来られた。e0183673_512059.jpg友人が来るというので一足先に出ることにする。エンジンオイルとギアオイルを交換してから最初のセイリングなので、もう一度オイルの量などを確かめた方がいいと言われ点検する。風は南南東だろうか、あまり吹いてはいない。ワタクシのBlueWaterはラダーの前にスケグが付いているため、シャフトが左舷側に出ている。つまり推力がまっすぐ働かないのだ。前進の時は右に行こうとする。しかし、これはまだ気にならないのだが、後進をかけた途端に右後方にトモが回り始める。これには閉口している。ポンツーから出るためには一旦トモを左に回してから右に前進して行かねばならないのだがなかなかそうはさせてくれない。あれこれ試してはいるものの、残念ながら未だ狭いポンツーンから色いろな風向きの中、常に上手く船を出せる技量に至っていない。友人を迎えて忙しそうなS飼船長の手を煩わせて回頭をお願いする。フェンダーも上げて表に出ようとマリーナ出口に向かっていると、こちらがスタボーにもかかわらず左から人の鼻先を速度を上げかすめて行くボートがいた。確かにこれから出ようというとき、やっと着いたと思ったときに、前に足の遅い船がいればイラっとするかもしれない。しかし、そこをぐっと我慢するのが業務上の要請であり、笑顔で堪えられれば理性というもの。ワタクシがボートに乗っていた時には相手がどんなに遅い船でもそういうことはしなかった。まったく人の迷惑を顧みない馬鹿ヤローどもが増えたものだ。出入り口付近でのマナーの低下は甚だしく、特にボート乗りの意識の低さに至っては、こいつ免許持ってんのかと疑いたくなるような連中が多い。挙句の果てにはボート免許の教習艇までそういうのが混じっているから始末に悪い。などなど、ぶつくさと文句を噛み締めながらセイルアップのできるところまで機走する。e0183673_5144866.jpg風は思ったより弱くしかも真南に近い。エンジンカットすると対地速度2ノット程度。潮止まりだと思ったが逆潮かもしれない。観音崎方向を目指す。少しでも風をと思い本船航路近くまで出ていくが、今日は大差ないようだ。時間と共に退屈さが募り、迷った挙句にアウトリガーでヒコーキを曳くことにした。別に魚を狙うつもりではなく、いわば洋上訓練だ。それにしても足が遅い。左右のヒコーキ達のあまりに気まぐれな泳ぎ方に仕方なく機帆走にする。周りのヨットも波間を漂っているように見える。横須賀港手前あたりまでですっかり退屈し切り、くるっと舳先を回してマリーナに戻った。帰路は上げ潮に乗ったか、速いという感覚はないのだが、それでも4ノット前後で走ってくれた。ポンツーに入ろうとするとちょうどそこから隣のT田艇が出て行った。気が付かない様子のT田艇を見送りながらポンツーンに入るとW井船長が手を振りながらもやいをとってくれた。船を付けるとどっと疲労感!?e0183673_520091.jpgなんじゃこりゃ?そういえば乗っている間水分もとらなかった。熱中症になるのは何も後期高齢者ばかりではない。やっとのことで停泊用の天蓋を張ってデッキでごろりと横になり、冷えた飲み物で渇きを癒やしアイスバッグで頭を冷やす。やがてT田艇が戻って来てW井艇のライフライン交換を手伝う。今付いているラインは白いカバーの被ったラインだが、無数にクラックが入ってところどころ錆が出ている。交換には特殊な油圧でかしめる工具が必要なため、普通なら業者に頼むところなのだが、T田船長の顔の広さで調達できるため自分たちで済ませられる。去年のライフライン破断事故後、ワタクシのを含めて4艇は交換が済んでいる。という訳で手際もよろしくアッという間に作業完了。夕方近くなってS飼船長にも声をかけると友人ともども一緒にやろうということになり、T田艇に全員集合。

カンパ~イ!の一言で初対面のゲストお二人とも旧知の仲のように打ち解けて祭りの夜の宴会が始まった。今夜は盆休みで祭の週末ということだろうか、ずいぶんマリーナの人口も多い。最近加速度的に高齢化が進むマリーナには珍しく、若い女性たちの華やいだ声まで聞こえたりして、全く関係の無い我々オジンもなんだか楽しくなってくる。辺りもすっかり暗くなり、宴たけなわになる頃、いよいよ花火の始まりだ。次々と夜空に綺麗な花を咲かせては散ってゆく。去年もこのT田艇から眺めていたのだが、今回も風向きと言い、ロケーションと言い最高なのだ。○○大花火大会の類とは違い、玉数も多くはないが一夜の余興としては十分。みんな夜空を見上げて笑顔がこぼれるひと時だった。e0183673_5212846.jpg最後の一華を咲かせ終り、今まで湧きあがっていたマリーナも時刻相応の静けさを取り戻す。それでも祭の後の宴会は続き、夜は更けていく。ずいぶん飲んで、話して笑った頃、気がつけばW井船長が潰れていた。きっと新しいライフラインにもたれかかりながら島々を巡っている夢でも見ているに違いない。そろそろ片付けて・・・・と誰かが声をかける頃には真夜中過ぎになっていたのではないだろうか。


このブログはWindows7、Explorer9を使用して編集しているため、他のブラウザ等では見づらいことがあるかも知れません。その場合にはお使いのブラウザの文字表示を大きくしてください。(ex.「表示」=>「文字の大きさ」=>「小」=>「大」など。)

by 50SanKai-club | 2011-08-16 05:21 | 海遊び  

10.08.14 もやい祭り

e0183673_4524148.jpg
台風が来たと思ったら今度は低気圧の通過と風の止む日のないお盆だ。自分の勤め先にはもともとお盆休みというのがないので、お盆に合わせてどこかへ、或いは何かをという習慣はないのだが、今年はちょうど週末とあってマリーナも一段とにぎやかだ。南西風の吹きまくる桟橋で、S飼船長がアジが回っているというのでサビキを振る。S飼船長には時折かかるのだが、腕の差か私の竿にはなかなか魚信が来ない。やっと1匹かけたが水面でバラしてしまった。コマセも使わないので食いが立つことはないのだが、不思議とS飼船長にはポツポツと来る。私が来たときには3匹かけていたが、もう二桁くらいは行ったのかもしれない。やがてT田船長も顔を見せ、彼が今制作中のソーラー台とビニミの作業が始まる前にお昼をご一緒する。S飼船長がジャージャー麺をご馳走してくれた。この料理、ちょっとくせになる。私が最初に口にしたのは赤坂・東京飯店だったと思う。もちろん中華料理なのだろうが、その店には韓国の客が多く、お品書きにはないジャージャー麺を何人かが頼んでいた。縮れた太麺とイカ墨のように黒いソースをかき混ぜて食べる知らない料理に興味をそそられ注文してみたのが最初だった。その後しばらく忘れていたが、最近韓国ドラマなどでよく出てくるところを見ると韓国の人たちに好まれているようだ。黒々としたソースは肉や玉ねぎなどを煮込んだタレのようで、ほんのり甘苦く麺ともよく絡んで美味い。
e0183673_454236.jpg
昼食後ひとしきり話しこんだ後は、T田船長は作業開始、私は昼寝だ。今年の夏はビニミを自作し、そこまでつながる大きな日よけも作り、、去年購入した“真夏の必需品・ウインドスクープ”(通称「イカ」)を取りつけて乗り切ろうと思っていたが、先週ご近所の船でスポットクーラーを導入した方を見かけた。早速話を伺うとダウンサイジングしてほぼ半分と小型になり、性能もほぼ満足しておられるとのこと。やはりいいらしい。e0183673_4553423.jpg前から気になっていたこの代物、そういえば家の近所の量販店にも展示されていたっけ・・・と金曜日の帰り道に寄ってみた。するとシーズン終盤でダンピング価格だ!メラメラと物欲の炎が燃え盛り、アルミダクトと共にご購入・・・・・!?という訳で、こいつを効かせて昼寝を楽しもうと持参したのだ。折からの南西の強風でそれなりに暑さは凌げるものの、やはりクーラーは一味違う。素晴らしい!冷たく乾いた風が心地よくキャビンに吹きわたり、寝ている間に何人かの方たちが立ち寄って声をかけたというのだが、全く気付かず夕方近くまでぐっすり寝入ってしまった。ただ、今日のところはデッキに置いて冷やした外気をキャビンに吹きこんだだけなので、室内の湿度はさほど下がらなかったようだ。普通のクーラーのように室内の空気を熱交換して冷やすように改善すれば、更に快適になるのではと思う。e0183673_4564355.jpg週末くらいはクーラーのない生活でリフレッシュした方が身体にもいいのではと、少し反省じみた気にもなるが、でも、ぐっすり眠れてとても満足!起き出して買い出しに行って夕餉の支度。忘れていたが今日はもやい祭り。夜は花火も上がる。S飼さんのアジはタタキにして、T田船長とお二人の持ち寄ったみょうがをたっぷり効かせる。他にも両船長の自家菜園の収穫をご馳走になりながら、夏の夜空に咲く花火に見とれていい一夜だ。






さぁ、後はまたクーラーの効いたキャビンでぐっすり休もう!

今回もT田船長に写真の提供をいただきました。ありがとうございました。

by 50sankai-club | 2010-08-17 05:08 | 海遊び